みんなそろって病院へ

今日は預かりっ子3匹全員を
P氏の車に乗せて
みんなそろって立川の病院まで行ってきました。



まず、もちょなりくんですが。


恐怖のあまり
診察台の上で固まり微動だにせず。

だったので
とってもお利口さんに診察されてました(;^_^A


e0229436_22493168.jpg



もっちゃんは、昨日ぐらいから
「耳の中になんか入ってる」って感じで
頭をふりふりし続けていたので
お耳を診てもらったんですが。


e0229436_22524752.jpg



診断は『外耳炎』でした。


先生が綿棒で掻き出すと
出る出る膿みたいな耳垢が。


思わず「汚なっ!!!」と叫んでしまった(爆)


点耳薬をもらって、
耳掃除を週1回することになりました。



e0229436_22553858.jpg




猫の耳掃除ってしたことなったけど
帰宅後ちょっとやってみたら
なにかハマりそうな予感・・・・・・(。-∀-)ニヤリ



んで、もっちゃんのことで訂正事項が1点。



前からじいさんっぽいなぁ・・・と思ってたんですが
勇気を出して歯を見てもらったら
推定3~4歳よりもうちょい上、
5~6歳くらいとの見立てでした。


そんなにじぃさんではなかったです。



e0229436_22592327.jpg




プロフィール更新せねば。




そしてお次は白鵬くん。


漢字で書くと何か風格アップなはくほうくんは
ワクチン&尿検査。




e0229436_234532.jpg




尿検査、残念ながら尿中に微量の結晶が確認できました。


療法食であるphコントロールを食べているはくちゃん。

ただ、いかんせん食いしん坊将軍なので
自分のごはんを食べ終わると
ほかの子のお皿に直行します。


もちろんその度に止めに入っていますが
ちょいちょい普通のフードも口にしているはっくん。



e0229436_237617.jpg




今はお水もよく飲んで
おしっこも最低1日2回は確認できていますが―


尿道に結石などが出来て
おしっこが出なくなってしまうと
体中に毒素がまわって
命を落としてしまう可能性があります。
(24時間がデッドラインらしい)


はくちゃんは一度、その状態に陥って死にかけましたが
尿道を女の子化する拡張手術を受けても
尿に老廃物が溜まりやすい体質なので
療法食は一生続けていかなければいけないとのこと。



e0229436_23103342.jpg




つまり、一生つきあっていく、慢性疾患です。

尿中に結晶がなくなっても
療法食をやめれば再発する可能性が極めて高い。


でも、療法食を続けていれば
まず大丈夫でしょうとのことなので
私はあまり深刻に考えてはいません。


e0229436_23152584.jpg




尿結石になる猫はホントに多いです。


一緒に病院に行ったP氏宅の子も
本日尿結石の診断を受けていました。

オスより尿道が太いメス猫でも
ナチュラルフードをずっと食べていた子でも
体質ってあるんだなって思いました。



e0229436_23185829.jpg




ただ、療法食って4キロ5千円くらいで
はくちゃんは1ヶ月に2キロも消費しないので
ひと月の出費で考えたら2千円くらい?



それを「高い」と思うか「それくらいならイケる」と思うか
はたまた「全然よゆ~☆」と思うかは
人それぞれかと思いますが。



ま、ご参考までに。

はくちゃんのプロフィールも
その点を盛り込んで更新せねば~!



e0229436_23232368.jpg





そして本日1番、診察に時間がかかったのは
ソーニャちゃん。


まず、骨折後ボルトを入れた右後足を診てもらいました。


その結果、驚くべき真実が発覚。



なんと、ボルトが入っていたのは

左足だった・・・・・・




chieさん!!!汗




e0229436_23251974.jpg




とりあえず左後ろ脚は骨がくっついていて
ボルトが数本ピッタリ入っているので
飛び出している1本だけ抜いて
あとはそのままにしておきましょうってことに。


で、右足なんですが。


右後足も、変なのです。
(だからchieさんの記憶違いに気付かなかった)


歩く時に猫の後ろ足って
つま先立ちするのが普通ですよね。



e0229436_23295464.jpg




でもソーニャんは右後ろ足のかかとをくっつけて
ペタペタと歩くのです。
(左足はつま先立ち)



e0229436_2334143.jpg


(写真協力:スタジオにゅんにゅん)



で、だからじゃあ右足はどうしちゃったのかってことなんですが。


え~わかりませんでした・・・(泣)



レントゲンでは骨に異常なし、
小脳疾患もあるので
たぶん神経の問題じゃないかなーとのこと。


つまり、これ以上調べようがなく
そのままでも大丈夫でしょうってこと、でしょう。



e0229436_2337534.jpg




で、耳のちっちゃなポリープは
キレイになくなっていたわけではないけど
ホントにちっちゃいものなので
点耳薬はもう止めていいでしょうとのことでした。


耳が聞こえないかもしれない件は
やっぱりここでもよくわからず。


頭部CTを撮れば
脳の異常だけでなく耳の異常も
ある程度確認できるそうなので
そこまでしても何も見つからないとなると
もうこれ以上、調べることもなかろうかと思いました。



e0229436_2341773.jpg




ソーニャん、ボルトを抜くために
今日も全身麻酔を打ちました。


わずか数カ月の間に、
3回も全身麻酔をかけてしまって
ソーニャんのためとは言え
これ以上の検査は、正直させたくないのです。



命に関わる何かが
ひとまずなさそうなことがわかったので
これからは今のソーちゃんと
ゆっくり向き合っていこうと思います。



e0229436_2344144.jpg





さて、そんな感じで
盛りだくさんな内容だった日曜日でした。



ボルトを抜いた後を
ソーちゃんが舐めないように
エリカラではなく
お手製の靴下を作ろうかと考えている私。


家庭科2でしたが。爆



ということで、通院報告でした。
[PR]
Commented by ケロロ at 2013-01-19 18:50 x
寒中お見舞い申し上げます☆
今年もよろしくお願いいたします。
通院大変でしたね。
靴下かわいいー☆できたらまた写真アップしてくださいね。
みればみるほどソーにゃんの毛並すてきー。ベルベットタッチ?
Commented by nrkmimiko at 2013-01-19 23:29
>ケロロさん

こちらこそ、今年もよろしくお願いします!
ソーニャん、足を舐めたりしてないので
靴下制作はしておりません(笑)
縫い物なんて何年もしていないので
助かった―www

キレイなグレーの毛並は惚れ惚れするような美しさでございます。
でも手触りは白鵬くんがダントツですよ^皿^
もっちもちなんです、はくちゃん。
Commented by あくび at 2013-01-24 01:21 x
吉猫家いつも見させてもらっています♪
ソーニャちゃんの検査ご苦労様でした!
ふらつきと難聴は原因不明とのことですが、
個人的には、耳の奥にある
平衡感覚を司る「三半規管」の問題かなと思ったり。
全聾ではなく、高音のみ・低音のみ聞こえないとかかも。
私も水泳で何度も中耳炎やって、
若干難聴気味+眩暈持ちなのでなんだか親近感がw
でも室内で穏やかに過ごす分には特に問題なさそうですね^^

犬の十戒も猫の十戒もとても面白いので
家族にも紹介させていただこうと思いますw
Commented by nrkmimiko at 2013-01-28 14:09
>あくびさん

こんにちは!レス遅れてすいません~

「三半規管の異常」については
獣医さんも言ってました。
ソーニャん相変わらず「聞こえ」については不明で
ただ普段は穏やかに過ごしているので
もし聞こえないなら生まれつきのものだろうな、
と言う気がしています。
初めから音のない世界に生きているなら
聞こえないことで怯えたりしないですもんね。

ま、いずれにせよどちらにせよ
日常生活には何も問題ないですよー^^
留守時間も長く、こまやかなケアもできない我が家で
手をかけずに暮らしてくれてるので
割と高齢のご家族なんか向いてるかもしれません。
(もちろん何かあった時のバックアップは不可欠ですが)

by nrkmimiko | 2013-01-13 23:52 | 茶トラーず&ソーニャ | Comments(4)