ビビリん坊将軍

預かり開始から4か月に突入した、もっちゃん。



e0229436_11343254.jpg




いやぁ~もう気持ちいいぐらいに
お問い合わせがまったくありません(汗)




e0229436_11354840.jpg





3本足だから―

ではなく

怖がりすぎる性格、が
原因なんだろうと分析する預かり主。




e0229436_11372387.jpg





最近では、ごはんの時間になると

「あぉ~んあぉ~ん」と世にも悲しい声をあげて

空腹をアピールするようになった、もっちゃん。




e0229436_11383460.jpg





私がそばにいてじーっと見ていても、
目の前でごはんを食べられるようになりました。




e0229436_11402216.jpg





でも、食べている途中で触ったりすると
後ずさって警戒モードになり
そのまま定位置に舞い戻っちゃいます。。


じーっと見ているだけ、でも
半分くらい食べ終わるとちょっと冷静になるのか
「なんかやっぱ怖い・・・」って感じで
定位置に引っ込んでしまいます。



▽定位置にお皿を運んで完食


e0229436_1143574.jpg





最後まで目の前で食べてくれることもあるけど
食べ終わるとそそくさと定位置その2へ直行するもっちゃん。



e0229436_11464810.jpg





私がねこ部屋にいる時は、
絶対にトイレを使うこともありません。



もっちゃんは、おもちゃも怖がります。



まだ3~4歳で若猫なのに、
「遊ぶ」ということをしないもっちゃん。



音の出ない、ボリュームがないおもちゃを、
と思って
何の変哲もないヒモを揺らしてみても
怖がってピキーンと固まってしまいます。。



e0229436_1149529.jpg




私がガサツな動きをしたり、
ふいに近づいたり、
姿勢を低くしないまま歩み寄ったりすると
まぁ、100%逃げます。



e0229436_11512244.jpg





「3本足」という、里親探しをする上で
難しい条件を持つもっちゃん。


さらにこんだけ怖がりじゃあ、
ご縁も遠くなるよなぁ。。と思っていたけど


もっちゃんが怖がりなのは、
3本足であることに由来するんじゃないかって
最近考えるようになりました。



e0229436_121388.jpg




おそらく、野良猫だったであろうもっちゃん。

自然なものなんてほとんど残らない環境で、
自然に生きることを余儀なくされた毎日を
人間を警戒しながら生きていたことは
想像に難くありません。



e0229436_12423.jpg




もっちゃんは体の大きなオス猫です。
ほかの猫たちとも
縄張りを巡って争ったこともあるでしょう。




▽今はオス同士でもこんなですが



e0229436_128431.jpg




そんな中、何を捕えようと思ったのか
誰かの仕掛けたトラバサミに
大切な足を奪われた、もっちゃん。



野生で生き抜いていく上で
圧倒的に不利な体になってしまいました。



e0229436_12103774.jpg




走って逃げようとしても、遅い。

ケンカしようにも体のバランスが、悪い。


攻撃された時、領分を荒らされた時、
立ち向かっていく力になる
万全なはずの体が、一部欠けてしまったもっちゃん。




e0229436_12154339.jpg




世界のすべてに怯えているような、
過剰とも思える警戒心や恐怖心は
それを考えた時、当然のことなんだと思い至ります。



いざと言うとき、自分自身を守れないかもしれない。

戦っても敵わないだろう。

必死で走って逃げても、追いつかれてしまう。


思うように動かなくなった体に
もっちゃん自身が1番、怯えている。



e0229436_12193433.jpg




大人になってから体に傷を負った子は
それ以上に、心の傷が深い。

ってことを、もっちゃんと出会って痛感しました。




e0229436_1226337.jpg





私にできることは、
ただただただ
「怖くないよ」って伝え続けること。



3本足でも、何も心配いらないよ。

3本足でも、何も怖くないよ。

3本足でも、大丈夫だよ。



痛いことも、ツライことも、苦しいことも、
もっちゃんの命を脅かすものは
もう何もないよってことを


ただただただ
伝え続けることだけ。



e0229436_12282768.jpg





その成果か、
最近ベッドが定位置になりつつあります。



薄暗がりを作るのに貢献していた
ベッド脇に置いてあった大きな3段ゲージを
別の場所に移動しても
そのままベッドを使ってくれています。



e0229436_12301991.jpg





「怖い」はまだまだなくならないけど
もっちゃんが心のままに過ごせるよう、
「怖くないよ」って伝え続けてくれる、
やさしい家族を待っています。




もとなりの負った心の傷を
癒してほしいなんてことは言いません。


細心の注意を払って接してほしいなんてことも言わない。



ただ、ありのままのもっちゃんを
そのままそっと受け入れてくれる、
そんな家族を、求めています。




e0229436_12345288.jpg





もとなりのねこ親希望さまはこちらから。




お問い合わせもお気軽にどうぞ。





*おまけ*



血液検査の数値がぐんぐんよくなる驚異の老婆。



e0229436_1237524.jpg




点滴が1日おきから3日に1回になりました。



e0229436_1238211.jpg




恐るべし生命力・・・!
[PR]
by nrkmimiko | 2012-10-14 12:38 | もとなり&はくほう | Comments(0)