6ヶ月

がっちくんが我が家にやって来て、半年が経ちました。


e0229436_20185429.jpg



いつの間にか、季節は冬を越え春を過ぎ、
灼熱の太陽が照り輝く真夏へ―。


一緒にやってきたキイくんにも、
その後やってきたキョロちゃんにも、
新しいお家と本当の家族が見つかったのに
どうしてがっちまんだけ・・・



お問い合わせやアンケートがまったくないわけではないのですが
タイミングが合わなかったりなんだりで
今も仮のお家で仮暮らし中のがっちぇってぃ。。


e0229436_2020037.jpg




我が家は一軒家ですが、
うちのにゃんこらは2匹とも性格に問題があり(泣)
ほかの猫を一切受け付けないタイプの猫たちです。



うちの猫はがっち(を含むほかの猫すべて)がキライだし…


e0229436_2022432.jpg




がっちもうちの猫がキライです…


e0229436_2020502.jpg



何度か、仲良くなれるか試してみようと
接近させてみたこともありますが
何度試してみても、
お互いに唸り合い威嚇し合い、一触即発の緊張状態にしかなりませんでした。。




そのため、預かりっ子たちには
かつて祖父母の部屋として使っていた
6畳の空き部屋の中でのみ過ごしてもらっています。



e0229436_20244391.jpg





言ってみれば、狭い場所に閉じ込めてしまっている状態です。。



↓ズボラな父のための注意書き

e0229436_20254550.jpg





6畳と言っても、大きな3段ゲージやら仏壇やら
祖父の形見であるピアノやら
どこにもしまい切れなかった色々な物やらが置いてあるので
人間が2人も入れば窮屈に感じるほどのスペースしかありません。


それでも、快適な室温とごはんと清潔なトイレは用意できる…
最低限の健康管理もできる。



病気や飢えや事故や、動物を傷つけようとする人間たちのいる
厳しい外の世界にいるよりかはずっとマシだろう。

処分と言う名の死が待っているセンターよりいいだろう。


命の安全は保障されているのだから―。



だけど、狭い猫部屋の扉の向こうから
何かを訴えるがっちの声を聞くたびに、心がとても痛むのです。。


その訴えは、たいていの場合
「ごはんちょーだい」なんだろうけど
もしくは
「遊んで遊んで」なんだろうけど

どうしても最近は
「ここから出して」に聞こえてしまう…


e0229436_2039584.jpg




がっちゃんが大好きです。


できることならうちの子になってほしいくらい、
大好きで大好きで大好きです。


e0229436_20403298.jpg




だからいつも「こんなお家でごめんね」って思います。。


前のお家なら、いつでも家中好きなように動き回れたし
にゃんこやわんこがたくさんいて、退屈することもなかっただろうに。。



がっちまん、ごめんね。


狭いところに閉じ込めて、あまり構ってやれなくて、
半年もこんなところで過ごさせて、本当にごめんね。。



↓ストレス解消のため連れ出した私の自室にて


e0229436_2043192.jpg




魅力いっぱいのがっちに、いいお話がなかったわけじゃないのに
私の力不足で今も誰ともご縁を結んでやることができずに
ホントにホントにごめんね。。



焦ってもしょうがない。

私が気に病んだところで何が変わるわけじゃない。


それは重々承知しています。。



でも、1日も早く、がっちをここから出してあげたい。


お家の中で、自由に、好きなように動き回らせてあげたい。


入りたい部屋が閉まっていたら、優しい家族がドアを開けてくれて
お風呂場で水を飲んだり、窓辺で日向ぼっこしたり、
家族のベッドで一緒に眠ったり、夜の運動会をしたり、
我が家のにゃんらが毎日あたり前にしていることをさせてあげたい。



おもちゃに向かって思いっ切り助走をつけて、飛びかからせてあげたい。


動けるスペースの限られている猫部屋から、解き放ってあげたい。。


e0229436_20483387.jpg





願い事はたくさんあります。


ステキな恋がしたいとか、ステキな旦那さまが欲しいとか
好きな仕事がしたいとか、海のそばで暮らしたいとか、
何だかんだ迷える20代の私には、人生にたいする欲求がたくさんあるけれど


今はただ、ただ、ただ。


がっちに本当の家族と新しいお家を・・・


ただそれだけです。




↓ストレス解消のため連れ出したリビングにて


e0229436_20502493.jpg





誰よりも幸せになってほしいのです。


もちろんそれは、保護された子たち・不幸な境遇に置かれた子たち、
すべてに共通して願うことだけれど

今の私には、とにかく、この目の前にいる
まんまるの黒白にゃんこに、願いのすべてを注がずにはいられません。


e0229436_20514496.jpg



命の安全が保障されているとは言っても、
今のがっちの生活は、幸せな環境とは呼べないから・・・




がっちんは、24日の日曜日、品川のねこ親会に参加予定です。

もう2度と、連れて行くことはないだろうと思っていたのに
またしても、ごめんね、、、です。。


にゃんこにとっては、楽しい場所であるはずがない場所に
何度も連れて行くことになって、本当にごめんね。。


がっちのことを気にかけてくださっている方、
是非、会いに来てあげてください。


性格の優しい、温厚でお留守番の上手な、一緒に暮らしやすいにゃんこです。


食べ物にちょっと注意が必要だけど
抱っこが大好きな、人懐っこいにゃんこです。


子猫の持つ悶絶級な可愛さとは別の、
知れば知るほど愛さずにはいられないような、
味わい深い魅力のあるにゃんこです。



どうか、がっちに、温かい手を―。


e0229436_2053499.jpg



*がっちゃん・ねこ親希望申し込みアンケート*




e0229436_2054224.jpg



*会場周辺への駐輪・駐車はご遠慮ください*
[PR]
Commented by みさきっち at 2011-07-27 00:11 x
いつの間にか、6ヶ月が経ってたんだね。
でもキィ君もキョロちゃんも、すぐに里親さんが決まって良かったよね♪
がっちゃんはwこれからだよ~!w
焦りは禁物www笑

そして、がっちゃんも今の生活も良いかも~wとか思ってるのかもしれないよ~!
24日の里親会はどうだったかな??
次回、8月は・・・やっと行けそう;;
Commented by nrkmimiko at 2011-07-27 22:24
>みさきっちさん

今の生活は隔離生活なので、
長期滞在はやっぱりストレスだと思います、残念ながら。。
でもでも、おかげさまで、がっちん・・・むふふ~♪

来月は新メンバーを連れて参加するかも!?
お会いできるのを楽しみにしています☆


by nrkmimiko | 2011-07-18 02:02 | がっち&てぃと | Comments(2)