「ほっ」と。キャンペーン

<   2016年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

悲喜交々

今日は嬉しいニュースと悲しい報告があります。



まずは、嬉しいニュースから。



e0229436_2349313.jpg




甘えんぼのミケミケ夏帆ちゃん。



本日お見合いでした!



e0229436_22502512.jpg





夏帆ちゃんを見初めてくれたのは

川口市にお住いのOさんファミリー。


猫を飼うのは初めてのご家族です。



e0229436_22524783.jpg




小さなお子さんのいるご家庭です。


甘えっ子の夏帆ちゃんのことが
とっても魅力的で可愛くて・・・と言うのはもちろんのこと

猫が大好きなお子さんたちに
いっぱい構われて遊んでもらっても
若猫の夏帆ちゃんなら元気いっぱいで
パワーバランスもちょうどいいかなと

夏帆ちゃんを選んでくれました。


e0229436_22544928.jpg




先日、猫を飼う事になった時の為に子供たちと話をしました。
猫はただ可愛いだけの`物´ではないこと、
生きているのだからうんちもおしっこもすること、病気にもなると言うこと。
学校から帰ってきたら、毎日、すぐにトイレの砂のうんちを取ってあげること、
毛がよく抜けるから毎日コロコロすること、
脱走しないように出掛けるときはケージにしまう、と約束しました。

私も主人も、可愛がっているペットを
事情があっても途中で捨てたりなどという非情な事は出来ないタイプです。
迎え入れた際には最後まで可愛がってあげたいと思います。




e0229436_2315755.jpg




お母さま、とてもしっかりした方で
お見合いの席でも真剣に色々とご質問くださり、
たくさんメモをとっていました。


お父さまもお子さんたちも
猫が好きなんだなー♪と強く感じました。


夏帆ちゃん、とっても可愛がってもらえると思います!



e0229436_2351698.jpg




初めてのことだらけ、の猫との生活。


楽しみに、一生懸命、準備をしてくれているかな^^



お届け日はにゃんこグッズが揃って
受け入れOK!の状態になってからなので
まだ日にちは決まっていませんが
来月頭くらいにはお嫁入りできるかなぁと思っております♪



e0229436_2381694.jpg




応援してくれた皆様、ありがとうございました!



夏帆ちゃんトライアル決定です☆



↓緊張して疲れたのか爆睡中(笑)



e0229436_2394858.jpg












そして、悲しいご報告です。



10月10日、あのお姫さまが、お星さまになりました。



e0229436_23124986.jpg





以下、里親さんからのお便りを一部抜粋します。



実は 今朝、ソーニャ病気から解放されて、旅立ちました。
7月の終わりに じん臓病にかかり、
点滴や酸素室を用いて、一時回復しましたが、この3日間食べれなくなり、旅立ちました。
とってもとってもソーニャ 頑張りました。

寂しがりやなので、自宅での点滴や酸素室で、
家族から離れることなく、看病できましたが、
彼女のいない家は、辛すぎます。
痛みから解放されたと信じて、いつもふんわりな雰囲気で
寄りそってくれたソーニャにたくさんのありがとうを言ってのお別れになりました。
6歳はあまりに若いけれど、一緒に過ごさせて頂き、
感謝の気持でいっぱいです。ご連絡出来ずごめんなさい。

美人のまま、クルリンとした目のまま 旅立ちました。
ご縁を頂いた石井さんとご家族と船橋の吉田さん、
お医者様、ソーニャを助けてくれた多くの方に感謝です。
ありがとうございました。




e0229436_23171441.jpg




あぁ。。

写真を見ていると、また泣けてきます・・・



ソーニャが闘病していたこと、
全然知らなかったので
突然の訃報に本当に驚きました。



じん臓病になる前は、脚の調子もよく
30センチの高さも飛び乗ってました。
毎晩 家族の布団に時間差でみんなと寝てました。
取り合いです。
9月頭に一度よくなって、家族と一緒に眠ってました。

我が家の朝が遅いのを ソーニャも分かってて、
今朝みんなが揃うまで待っててくれました。
最期は娘の腕のなかで。





e0229436_23214479.jpg





ソーニャは我が家で1番長くお預かりした子です。



本当に本当に可愛かった。。



大変なこと、いっぱいあったけど
思い出すのは

ひゃーひゃー鳴きながら
真剣な顔で甘えてくる姿ばかり。


ちょぴちゃんが大好きでした。


だから、もう会えないのがとても悲しくて寂しくて・・・



e0229436_23243289.jpg




でも、里親さんの悲しみはもっとずっと深いですね。


わが子としてたくさんの愛情を注いでくれました。



あまりにいい子だったので、
会えない寂しさは計り知れないのですが、
虹の橋で食べたいものたくさん食べて待っててくれることを支えにします。

遠慮がちに甘噛みしてくれるソーニャ 私たちは決して忘れないです。
運動おんちの娘にちなんで、体育の日に旅立ちました。お姉さんぽいです。




e0229436_2326313.jpg




Kさんファミリーに改めて
心からの感謝を。


ソーニャを迎えてくれて、愛してくれて、
本当にありがとうございました。



短い命だったけれど、優しいご家族の輪の中で
ちょぴちゃん、いっぱいいっぱい幸せを感じていたと思います。



e0229436_23294465.jpg




ソーニャの命が、ご家族皆様の中で
これからも温かく生き続けますように―。





きっと、虹の橋で今頃のんびりしているね。



ちょぴちゃんは何か、
室内のあったか~い特別個室で寛いでそうな気がするよ(笑)



温かい陽ざしで日向ぼっこできる窓辺で

ふわふわのベッドに横になって


もうお口の痛みもなく、好きなごはんを好きな時に、
好きなだけ食べることができて、


足の痛みも不自由さもなく、

広いサンルーム(どうも屋外のイメージがつかない)を
好きなだけ駆け回って。



e0229436_23364722.jpg





大好きなご家族が行くまで、

そこでのんびり気ままにすごしていてね。


くれぐれも、目つきの悪いサビ猫には近寄らないように・・・!





私もいつか会えるかな・・・



e0229436_23383994.jpg





虹の橋で、他のネコから離れて^^
待っててくれることを信じて、感謝の気持ちを胸に進みます。

ソーニャはたくさんの愛を私たちにくれました。
愛のかたまりでした。




いつかまた、どんな形でも、巡り会えることを信じて―。



可愛い可愛いちょぴちゃん。



本当にありがとう。



ずっとずっと大好きだよ。




e0229436_2343152.jpg

[PR]
by nrkmimiko | 2016-10-23 23:48 | 夏帆&てる | Comments(2)

あんな夢こんな夢


新しい保護猫がやって来て、
その子の性格や癖、好きなこと嫌いなこと、
少しずつ知っていく中で

どんなお家に迎えてもらえたら
1番いいだろうって
いつも想像します。

e0229436_20273099.jpg



夏帆ちゃんは、ご紹介した通り
やっぱりすっごく甘えんぼちゃんで
いつも人のそばにいたがります。
(できるだけ体を密着させてw)



e0229436_20334361.jpg




帰宅すると、ドアの前(脱走防止ゲートの前)でお出迎え。


着替えたりトイレに行ったりお風呂入ったり
猫トイレ片づけたり洗濯物片づけたり
慌ただしくバタバタしている預かり主が
ベッドに入って落ち着くまで

一生懸命追いかけてきます。



e0229436_20481792.jpg




休日に1日自宅警備(引きこもり)している時も

私が移動する度についてきますが

さすがに1日中つきまとうのは疲れるのか

気が付くとそのへんで寝落ちしています(笑)



e0229436_20554086.jpg




そんな甘えんぼで人が大好きな夏帆ちゃん。

1番思い描く夢は、家族がいつもそばにいてくれること。




↓お世話係No,2に抱かれて至福



e0229436_20572218.jpg




お留守番時間が、できるだけ短いお家がいいな。


具体的には、留守時間が長くても半日。が理想。



e0229436_2058499.jpg




ただ、我が家は日によりますが
基本的に留守時間が長いので
あまり構ってやれず寂しい思いが募っていて

その分、人がいると大フィーバーで
ベッタベタに甘えっ子しちゃうのカモ。



e0229436_2113656.jpg




「寂しい」気持ちが満たされていれば

そこまで留守時間は重要じゃないのかもなー。

と思ったり。



e0229436_21335.jpg




じゃあ間を取って・・・


お留守番は10時間未満のお家ってことで
ひとつ( `・∀・´)ノヨロシク



e0229436_2129482.jpg





人間以外の動物については
どうなんだろうなー。


てるちゃんと一緒のところしかわからないんですが、

てるちゃんと一緒にいると争いが絶えません・・・



e0229436_213036100.jpg




攻撃をしかけてるのは、てるちゃんの方。


夏帆ちゃんを追いかけまわして
ぶっ叩いて苛めておりますorz


若い娘が気に入らんのでしょうか・・・



e0229436_21321791.jpg




夏帆ちゃんもだから、てるちゃんが近づくと

唸る&シャーるの応酬で
夜中に「フンギャーーー!!!」と絶叫が聞こえてきます・・・

(負傷は確認されておりません。脅かしているだけのようです)


e0229436_21342117.jpg




夏帆ちゃんがべったり甘えっ子するのは
てるちゃんから守ってほしくて・・・
と言う心理もあるかもしれぬ。。



e0229436_21352447.jpg




ただ、猫に対してあまり強い興味はない気がします。


実は、わけあって今もう1匹いるんですが
(その話はまだまだ先になりますので置いといてください)

その子にはまったく近づこうとせず

かと言って気にする素振りもなく

完全スル―して過ごしています。



e0229436_21391078.jpg




先住さん、どんな性格かによりますが

これが何とも言えないですね。うん。




メス猫ではないほうがいい気がします。


一緒に遊べる元気で穏やかなオス猫・・・


でも2匹とも甘えんぼだったら、
愛情独占したくてケンカになってしまうカモ。。



e0229436_21422875.jpg





猫と人の数が同じか、人の数が多ければ
その辺の問題はクリアされるかなー。



それか、夏帆ちゃんと同じように
猫に興味のない猫、とかならうまくいくかしら。


お家の中でお互いの領分を守れて
干渉し合わないドライな関係?笑



e0229436_21445170.jpg




うーん、こればっかりはやってみないとわからないですね。


まぁ、1匹飼いなら間違いなしの問題なしだと思います。



e0229436_214548100.jpg




あとは、スペースですね。


基本的に、体が不自由であまり動き回れない子や
高齢で運動量がとても少ない子

以外の子に関して


私はある程度のスペースを里親さん宅に求めます。



e0229436_2149125.jpg




昔、ワンルームのお一人暮らしの方から
お申込みいただき
猫を連れてお見合いに行ったことがあるんですが


「こんな狭い空間で猫を飼おうと思うなんて…」


と驚愕した経験があります。。


猫は横より縦運動ができればよし、とは言いますが
それにしても狭すぎたんですよ・・・



e0229436_21512387.jpg




なので「12畳のワンルームです!」


とかじゃない限り


基本お部屋が2つ以上あること、を
わかりやすいかなーと条件に加えています。



特に夏帆ちゃん若猫なので
思いっきり走れるスペースが欲しいな、と思っています。



e0229436_21531651.jpg




今はほとんど遊んでやることができないので
(綿棒投げてやるくらいが限界)


構ってあげてほしいの中に

甘えられること&たくさん遊んでもらえること


が含まれておりますのでよろしくお願いしますm(__)m





夏帆ちゃんの未来の家族に関して

日々思いを巡らせて膨らむ

あんな夢こんな夢。



いっぱいあるけどーーーーーー!



e0229436_21575134.jpg





あんまり細かく条件設定していたら
ご縁が遠のいてしまうのも事実。


でも妥協したくないのも事実。



お留守番が短くて、たくさん甘えて構ってくれる、
お部屋が2つ以上あるお家にお住いの
先住さんいたら要相談、な優しいご家族を


夢見て待っています。



e0229436_21594848.jpg




愛情を持った終生飼養、完全室内飼育、
適切な医療処置の実施、脱走対策への留意、
譲渡契約書への記名捺印をお約束してくださる関東近県のご家庭で
里親希望アンケートフォームに快くお答えいただける方。
また、預かり家庭でのお見合い、
ご自宅室内までのお届けに同意してくださる方からの
お問い合わせ、お申込みお待ちしております。




我こそはそんなファミリーです!




お問い合わせもお気軽にどうぞ^^


nrkmimiko☆yahoo.co.jp(☆→@)





e0229436_2222328.jpg




肉球家族さまより
てるちゃんにご支援フードいただきました。


TNRや病気の子のお世話、色々ととても忙しく大変そうなのに

いつも見ていてくれて支えてくれて

本当に本当にありがとうございます(T_T)



うぁ~~~~嬉しいよぉ~~~!!!
[PR]
by nrkmimiko | 2016-10-03 22:12 | 夏帆&てる | Comments(0)