暑い日が続きますがみにゃさまいかがおすごしですか?


て言うか湿度高っ!!!


そんなウェッティな毎日ですが、
卒業っ子の里親さんよりお便りがたくさん届いておりますので
ドドッと紹介したいと思います。


まずは~~~がっち先輩!


e0229436_0175275.jpg




ご無沙汰しております。
石井さんががっちゃんに会いに来てくださってから
もう5か月も経つんですね。早い・・・。

がっちゃんですが、石井さんがいらした時は
ステロイドの注射が効いていて結構元気だったのですが、
あれからすぐに調子が悪くなりまた注射を打ってもらいました。
この注射はすごく強くて1年に4回までしか打てないと言われていたのに
1ヶ月も経たないうちに2本目を打つことになってしまいました。



e0229436_0191658.jpg




このままだとまずいので、錠剤の弱いステロイドと抗生物質を併用し、
抗生物質は1日2回、ステロイドはご飯が食べれないほど
痛くなったら飲ませる方法に変えました。
注射のときは本当に調子が良くて、
大好きなちゅ-るも食べれたのですが
この方法だとちゅ-るが食べれるほど調子は良くなりませんでした。
でも痛くて悲鳴をあげて走り回ったりすることもないので
この方法をしばらく続けていました。




e0229436_0204022.jpg




口以外にも、うんちが出なくなって病院でかき出してもらったり、
下痢と嘔吐が続いて病院へ行ったりと色々ありました(:_;)
でもがっちゃんは本当にすごいですね!
1日2回の通院を2日連続でやったのですが
キャリ-に入るのを全然嫌がらないんです。
さすがに2日目はキャリ-に警戒するかな~と
心配したのですが、自ら入ってくれました!(^^)!
診察台では怖くて震えているので、病院は嫌いだと思うのですが
キャリ-=病院と思っていなんですかね。
がっちゃんよりも妹分のび-ちゃんが
キャリ-を見て怖がって、数日間ビクビクしていました。
通院しているがっちゃんよりも
び-ちゃんのほうがストレスを感じていたようでした(^_^;)



e0229436_0232675.jpg




がっちゃんの食事ですが、缶詰だと沁みて痛くて、
カリカリだと固くて痛いようで、お刺身みたいに形はしっかりあるけど、
カリカリみたいに固くないものがベストのようです。
でも毎日お刺身なんてあげていたら栄養バランスが崩れてしまいますし・・・。
そこでカリカリをすりこぎで粉状にして
生肉に混ぜて、カリカリぐらいの大きさに丸め、
一つずつ掌に乗せてあげたら食べてくれました。
お皿に入れてあげてしまうと、
いっぺんに何粒も口の中に入ってしまい痛いところにあたってしまうので、
1粒ずつあげるしかなくて、準備から食べ終わるまで長いと1時間ぐらいかかっていました。
がっちゃん、ついに介護です(^_^;)



e0229436_0244866.jpg





でも、調子の良い時はカリカリも食べれるので、
粉状にしないでそのままあげるときもあるのですが
掌に乗せないと食べれるのに食べない時があったりして
がっちゃん、まさかの赤ちゃんがえりです(^_^;)

今は抗生物質もあげずに済んでいて、
ステロイドを2,3日に1回とサプリで様子見です。
自分でごはんも食べてくれてます。
先生には錠剤のステロイドの効果が2,3日持つのは
とても良いことで、この量のステロイドなら
副作用の心配はしなくて大丈夫と言われました。
でも、ご飯を食べるときに痛そうに目を細めたり、
時々ごはんから逃げたりするので痛みはあるんだと思います。
がっちゃんがとても強い子でがんばってくれているので、
この量で済んでいるんだと思います。
強くて優しいがっちゃんはうちの自慢のコです(^^)




e0229436_0262383.jpg




そうそう、石井さんに頂いたおせんべいは
がっちゃんたちに大好評でした。
もちろん箱のことですが(笑)
ボロボロになるまでみんにゃで使っていましたよ。


e0229436_027202.jpg




e0229436_0272942.jpg



がっちゃんに会いたくなったらいつでも会いに来てくださいね♪





お写真をたくさん、ありがとうございますm(__)m


この前(ってもう半年前になりましたが)会いに行った時は
元気な時だったので
その後の体調の悪化と献身的なお世話に
言葉を失う思いです。。。


里親さん、明るく話してくれていますが
ごはんのお世話だけで1時間、
日に2回の通院、
本当に大変だと思います。


私だったら、同じだけしてあげられるだろうか・・・



お口が痛い子はね、ホントにツラいですよ。

食べてくれない、食べたいのに食べられない子は、
ホントに代われるものなら代わりたいんですよね。


ネガティブ思考の人なので(汗)
どうしても色々暗く考えてしまいますが
里親さんと、何よりがっちが頑張っているんだから
私も、何か出来ることがないか
色々考えて探しています。


がっち、また会いに行くね。


e0229436_0354389.jpg




続いては、おとめさんです。


e0229436_0442481.jpg




ふぅちゃんもおとめも元気です。
暑いので省エネなのかふぅちゃんは寝てばかり、
さすがのおとめもこの時期はおもちゃを追いかけても休憩するのが早いかな。

おとめはカバンの中に入るのが大好きです。
帰宅するとゴソゴソと潜り込むので
中身を全部出しておとめ専用にします。

中に入って目をキラキラさせて「早く早く!」と訴えるので
そうなると私がおとめ入りのカバンを持って
歌いながら家中を歩き回るのがお約束…。
その間、キョロキョロしながら嬉しそうにじっとしています。
何が面白いのか…結構な重さなのでこちらは重労働ですよ。



e0229436_0451824.jpg



と、楽しいお便り頂いていたんですが
大量のDMに紛れて気づくのが遅かった私。


Yahooメールで再度メールをいただいて
慌ててお返事したんですが
2通目はちょっと心配な内容でした。



突然ですが8/19の金曜日におとめが手術を受けることになりました。
1カ月ほど前に右前足わきの下に
ポツッとしたものができていることに気づき様子を見ていたのですが、
少し大きくなったので昨日病院へ連れて行きました。
診断の結果、「肥満細胞腫」でした。
ご存知の通り悪性の腫瘍の一種なので
その部分を500円玉くらい切り取り、エコーで内臓も診てくれるそうです。
3mmくらいでまだ小さいから大丈夫だと思うのですが、
親バカなので心配です…。
また結果を報告しますね。



肥満細胞腫・・・

手術はどうだったでしょう、気になっております。

まだ若い子だから、きっと大丈夫、と
不安を抑えていますが(小心者なマイナス思考です…)
大丈夫だろうか。。


おとめママさん、続報お待ちしています(>_<)





最後は武士くんです。


e0229436_0102991.jpg



ご無沙汰しております。
夏なのですから当たり前の事ですが、暑いですねえ。
昨年ほどではありませんが、毎日暑くて毛皮着用のブシくんは大変みたいです。



e0229436_012910.jpg




正式に譲渡していただいてから早くも半年が経とうとしています。
昨日、ブシくんをワクチン接種に動物病院へ連れて行きましたが、
体重は昨年の予防接種時と変わらず、健康に特に問題なしとのことです。



e0229436_0131297.jpg





うちに来てからはじめての外出という事で、
来た時と同じキャリーバッグなら安心するかな?と思っていたら、
逆にまたどこかに連れて行かれるのかと
誤解されてしまい、ずーーーーーっと鳴き通しで参りました。
自宅に戻ってからも、いつもでしたらお昼寝三昧なのに、
何か不安に思うらしく、わたしのそばを離れようとしなくて、
(笑ってはいけないのですが)おかしかったです。
でも、それも昨日だけの事で、今日はいつもどおりお昼寝三昧しています。



e0229436_015288.jpg




ブシにゃんというお名前をそのまま使っていましたが、普段は「ブシ」と
呼び捨てにしているので、正式名称は男の子らしく「ブシくん」にしました。
(どうでもいいことでスミマセン(^^))

相変わらずお忙しい日々をおくられていらっしゃると思いますが
お体にお気をつけ下さい。

P.S. プリッツさんのその後がとても気になります。



e0229436_017304.jpg



武士くんお写真はブログからもお借りしました。


里親さんへのお返事にも書いたんですが、
武士くんお預かり中、電話に出る時の応答を
「もしもし」ではなく「ぶしぶし」と言うのが
マイブームでして(笑)


ぜひ、全国的に流行らせたい。


三多摩地方限定でもいいから流行らせたい。





と言うことで、みにゃさまもレッツぶしぶし!!





嵐が近づいていますね。


ARASHI!ARASHI!


の嵐じゃなくて台風。



アイコンのロン毛の子が気になっている方もいるでしょう。


twitterの三毛さんはどなた?

と思っている方もいるでしょう。



そしてプリッツさんのその後を
きっと多くの方が知りたがっているでしょう!!






続きは、後編でまた来週!
[PR]
by nrkmimiko | 2016-08-22 01:04 | Comments(0)

365日のプリッツ


去年の7月、chieさん家から移動してきたプリッツ。



e0229436_22553560.jpg



「怖がりだよー」と言われましたが、

「触れる子ならいける...!」と思い

どっちかって言うと私から預かりたいと申し出た記憶が。



e0229436_22573520.jpg




やって来たプリッツさんは、

巨体ふくよかボディとは正反対で

肝っ玉がマクロサイズで

触れるっちゃあ触れるけれど、

常にお耳ぺったんで触れ合おうとするとフリーズして

あんまりしつこくお触りすると、


低い唸り声からの~~


爪出し強烈猫パンチ(出血必至)


e0229436_230996.jpg




近づいても逃げてしまうし、

心を許してくれる気配はなっしんぐ。


ワクチンで病院連れて行った日にゃあ

パニックで暴れまわり鎮静のために麻酔を打つ始末・・・



e0229436_2315090.jpg



「まぁ、ゆっくりしていきたまえ」と

泰然と構えているうちに


ルームメイトは入れ代わり立ち代わり、

気が付けば1年の歳月が流れていました。



e0229436_233878.jpg




それでも、1年も一緒に暮らしていれば

プリッツもだいぶ私に慣れてくれて



毎朝「ごはんちょーだい!」と大声で催促したり


ふと振り向けばこんな格好で寛いでいたり



e0229436_2355625.jpg




かなりリラックスして生活しているなーと感じていました。




きっとまだしばらくは、
我が家で一緒に暮らしていくんだろうなって

そう思っていたけど。



e0229436_237302.jpg




ご縁と言うのは不思議なもので

まったく予想外の方向から

縁談が持ち上がったのです。



e0229436_2393844.jpg




我が家は両祖父母の代まで動物好きで

家系だなと思っているんですが


足立区に住んでいる父の妹(私にとっては叔母)と
私の母が誰かのお葬式のことで?(って言ってた気がする)
久しぶりに連絡を取ったらしいのですが

その時に叔母の家で飼っていた子が亡くなり
新しい子を迎えたいと思っている・・・と言うような話が出て
そこで母がプリッツを押したそうなんですね。



e0229436_2315796.jpg




その日の夜、たまたま私は実家に帰っていて

叔母さんにプリッツを勧めた件を聞き

「いやいや、だってプリッツだよ?
いくら親戚だって人馴れしてない子だし、
どれだけ怖がりなのか知ったら叔母さんも遠慮するでしょ」と
まったく期待せずに叔母さんと電話で話すことになったんですが。



e0229436_2318206.jpg




叔母ちゃん 「全然いいよ~」

わたし 「え、でもすごい怖がりだよ。抱っことかできないよ」

叔母ちゃん 「うん、別にいいよ~」

わたし 「いやでも、唸ったり手が出たりするよ。ケガするよ」

叔母ちゃん 「あははw気にしないけど私しつこいけど大丈夫かな」

わたし 「いや、私も大概しつこいんだけどさ。野良猫みたいに慣れてないよ」
    (共通DNAをビシビシ感じる・・・)

叔母ちゃん 「うん、いいよ~いつなら大丈夫?」



e0229436_23235357.jpg




と言うことで、まったく期待せずにかけた電話で

プリッツお嫁入り決定どん。

それでもしばらく半信半疑でしたが、

あれよあれよとトントン拍子に話が進み、
本日お届けしてまいりました。


e0229436_23253342.jpg



足立の家に行くのは初めてだったんですが
(て言うか叔母ちゃんに会うのも数年ぶり)


見事なまでのキャットハウスでございました(笑)



e0229436_23263350.jpg




キャットタワーなんてのは序の口ですよ。

写真左下の穴をご覧ください。


e0229436_23272467.jpg




これ、猫用の通路口でこれをくぐると・・・



e0229436_232893.jpg



吹き抜け部分にキャットウォークが!


左側にも猫通路があり、
そこを抜けるといとこの部屋に続きます。



e0229436_2329177.jpg




下から見るとこんな感じ。



e0229436_23294928.jpg




壁にもほら!

ここを伝って上階と行き来することもできる仕様です。



e0229436_23304493.jpg




至るところに猫グッズがあり、

私が住みたいくらいでした(笑)


e0229436_23314350.jpg




e0229436_23315890.jpg




あぁ、子どもの頃から犬猫に囲まれて育って
(祖父母の家には常に何か動物がいた)


NOにゃんこNOライフなんだなぁ、
私もきっとこうなるんだろうなぁ、と


DNAのつながりを意識ww



e0229436_23331756.jpg




さて、主役のプリッツさんはと言えば

キャリーから無理やりお出しした瞬間
すみっこにピヤーーっとダッシュして
部屋の隅でブルブル震えておりましたorz



e0229436_23341615.jpg




声をかけてナデナデすると

「わぉ~~ん!わぉ~~ん!」と

世にも悲しい声で鳴いていました。



e0229436_2335667.jpg




でも、叔母さんにも一応触らせていました。
(恐怖でもう何が何だかわからなかったんだろうけど)



e0229436_23364863.jpg





覗き込む兄妹↓(父&叔母)



e0229436_23582833.jpg




たぶん、人間の方は問題なしです。


私とよく似た叔母さんなので(私が似てるのか)

唸られても引っかかれても
めげずにスキンシップしていってくれると思うのですが
(そしてぶちゃかわツンデレなプリッツが
可愛くてたまらなくなるに違いないと思うんですが)


心配なのは、先住猫との相性。




e0229436_004439.jpg




先住の「ハナくん」 オス 10歳くらい。



e0229436_013747.jpg




ゴージャスな毛並みとゴージャスなボディの持ち主(8キロ越え)



e0229436_02527.jpg




こんなにゴージャスですが、保護猫出身で
たいへんおっとりした温厚な子、とのこと。


順繰りに両親と私とみんなで抱っこしましたが、
とっても大人しくてどっしりしていて
大きな体で早歩きに逃げていく姿が
とんでもなく可愛かったです(笑)



e0229436_054818.jpg




優しいオス猫だし、
プリッツが後から来た形だし、
大丈夫かな・・・

仮に仲良くなれなかったとしても、
一軒家なので住み分けできるでしょう、と叔母談。



e0229436_073220.jpg




ハナくん、キャリーをクンクンしていましたが

プリッツに近づけても
あんまり興味なさそうに
ポテポテとスル―しておりました。


(プリッツはもちろんそれどころじゃありません)


e0229436_083034.jpg




トライアルは、特に設けませんでした。

一応1ヶ月お試しで、という話をしましたが
「怖がりな子なら移動のストレスを何度も与えるのは可哀想」
という叔母さんの優しい気持ちがあり
本日を持って、プリッツは卒業ということになります。


e0229436_015211.jpg



ハナくんと、それこそシャレにならないケンカをするくらい
相性が悪ければ別ですが
新しい場所で固まって隠れて出てこない状況は
多分どのお家に行っても同じだと思うので。


慣れるまで時間がうんとかかると思うけれど
プリッツ、一応正式譲渡です。



e0229436_0174688.jpg




怖がりなプリッツ。


きっと今もまだ、何が起こったのか理解できず
怖くて怖くて、心も体もぶるぶる震えているでしょう。



でもね。




お届けの数日前、

初めてプリッツの喉を鳴らす音を聞きました。


いつものように、しつこくナデナデしながら
声をかけていたら

うっとりと目を閉じて、身を任せるように
ほっぺを私の手に押し付けて、

ゴロゴロと気持ちよさそうに喉を鳴らしてくれたんです。


お届けまでの1週間、毎日その音を聞くことができました。



e0229436_022348.jpg




焼きカツオを手から食べてくれるようにもなりました。



嬉しくて嬉しくて、
多分スリスリなんかし始めた日には
私、手放せなくなってたと思います。



e0229436_024565.jpg




今はまだ、怖くてブルブルなプリッツでも
来年の今頃には、叔母ちゃんの手に顔を控えめに押し付けて
ぶるぶる喉を鳴らしていると思うのです。



e0229436_02705.jpg




意外なほど
プリッツがいなくなってとても寂しい私ですが、


慣れてしまえば、我が家にいるよりも
叔母ちゃん家の方がずっとずっといいはず間違いなし!なので
寂しさはグッとこらえて、
プリッツの幸せを全身全霊で祈りたいと思います。



e0229436_0315415.jpg




長く応援していただいた皆々様に

深い感謝を申し上げますとともに

実家の母であるchieさんにspecial thanksを。




e0229436_0335332.jpg




プリッツのいない静かなる朝。


明日起きれるかな・・・笑




ちなみに夜、実家に入った叔母ちゃんからの報告によると

ハナくんがプリッツにシャーしたそうです。。


ハナくんのシャーは10年飼っていて初めて見たそうです・・・






大丈夫かな・・・汗


ドキドキしながら経過を見守り隊しようと思います!
[PR]
by nrkmimiko | 2016-08-01 00:45 | プリッツ&マナティ | Comments(2)