おかえりソーニャ

昨日の夜、ソーニャさん帰宅いたしました。


e0229436_20262121.jpg



正直、1ヶ月くらい入院するのかしら・・・
と思っていたのでちょっとビックリ。


連れて行った日に院長先生が不在だったので
そのまま病院にお預けすることにしたんですが
もしかしたら当日中に連れて帰って来れたかもしれぬ。
(一応行く前に電話確認はしたんですけどね~)


e0229436_20285711.jpg



左足のかかと部分から
埋め込んだ金属のピンの
先っぽだけ出てきてしまっていたんですが

切開したりの大きな手術ではなく、
ピンを抜き取る処置だけで済んだようです。


e0229436_20304230.jpg



退院したのは先週の事。

船橋在住のchieさん宅
一週間ほど預かってもらっておりました。


chieさんありがっとう。


e0229436_20325761.jpg



戻ってきたソーニャさん、

ウルトラ元気です。


2週間ぶりの帰宅だったんですが
初めての場所に連れてこられたかのように
ヒャーヒャー鳴いてお目々をまんまるくして
しばらくネコ部屋の中をぐるぐる動き回って
深夜3時くらいまで確認作業してました(笑)



e0229436_20355741.jpg




落ち着かせようと抱っこすると
ゴロゴロ大フィーバー。

頭ごっちん&スリスリをエンドレスリピードw


私に会えて嬉しいのか
ナデナデ抱っこが気持ちいいのか
どっちなのかわかりませんが

私に会えて喜んでいるんだな、と思っておこう(笑)


e0229436_21111662.jpg




ひと晩明けてからはすっかり落ち着いた様子で
本日は終日こんな感じ↓


e0229436_2042232.jpg



たまたま帰ってきていた兄に絡まれて
嬉しそうな一幕も。
(人見知りゼロなソーニャ)


e0229436_2043403.jpg




兄の手にぬりぬりしてご挨拶する、の図↓


e0229436_20455384.jpg



足の様子ですが、
切開しなかったので
予想していたよりずっといい感じです。


傷口はほとんど目立たなくて
毛刈りされちゃって寒々しいだけ、って具合で。


痛そうにしたり、気にして舐めたりしていないし
活発によく動いています。


e0229436_20465179.jpg




迎えに行ってくれたchieさん曰く
先生から特に今後の指示などはなかったそうで
何もなければ船橋の病院に連れて行く必要はなさそうです。


e0229436_20502613.jpg



ただ、この先何が起こるかわかりませんので
定期健診は必要なさそうですが
足のことで何かあった場合には
やはり執刀医のいる船橋市の病院に通院できる方に
里親さんの条件を限らせていただきたい。



1ヶ月くらい入院するかも、と思っていたので
ねこ親さん募集を停止していましたが
本日から再開しますね。
(HPの方も近日中に更新します)


e0229436_20562328.jpg



人見知りゼロの甘えっ子ちゃん。

猫が苦手なので1匹飼いが希望です。


あーんど、口内炎治療中です・・・(こっちの方がやっかいかも)


ソーニャ*ねこ親希望


e0229436_2057641.jpg



さて、2週間ぶりに戻ってきたちょぴちゃんですが

たいへん気になることがひとつ。


なんか、なんか、なんか、


茶色くなってる・・・?



e0229436_20592120.jpg




全体的にグレーの被毛が赤茶けてきてます。


なんで!?



e0229436_2102416.jpg




子猫が成長して毛色に変化があったり
歳をとって白っぽくなってきたり―はわかるんですが
こんな若猫で(推定3~5歳)
体毛が変わることってあるんですかね?


薬の影響?

て言ってもアトピカは入院中呑ませてなかったし・・・

ちなみに毛質に変化はありません。



e0229436_2124753.jpg



別にソーニャがグレーだろうがブラウンだろうが
なんだっていーんですが
何か病気のサインなんでしょうか???


換毛期と何か関係あり?
でも去年はそんなことなかったよな~


誰かご存知でしょうか?


e0229436_217749.jpg




あぁ、そうかい。

なら問題ないんだがのぅ。
[PR]
by nrkmimiko | 2014-03-30 21:15 | ソーニャ&おとめ | Comments(2)

ソーニャ再び・・・

本日ソーニャさん後肢の術後検診で
船橋の病院まで行ってきました。


e0229436_2244860.jpg



運搬のSEGさん、遠い所ありがとうございましたm(__)m



実は、左後肢のかかと部分、
骨を固定させるために入れた金属のピンが
皮膚を突き破って出てきてしまっていまして。


e0229436_2292668.jpg



出血したり、痛がったり、気にして舐めたり―
はしていなくて
歩く時もかかとバッチリ上がっていたんですが。


↓いつの間にかこたつの上にも自力で上がったりしてた


e0229436_22103568.jpg




感染症のリスクもあるし
やっぱりそのままにしとくのはマズイってことで

右後肢も皮膚越しに金属の輪郭が見えるくらい
今にもピンが出てきそうな状態だったので


ソーニャさん、再び入院になりました。



e0229436_22135045.jpg




レントゲンと術前の血液検査をした後で
院長先生と相談の上、再オペになりそうです。



e0229436_22152778.jpg




最近は口内炎も少し落ち着いてきて
(と言っても相変わらず口の中は真っ赤でしたが。。)

夜になるとよく動き回って
ソーニャにしては活発に過ごしていただけに
また手術かぁ・・・orz と言った心境です(-д-;)


e0229436_22182922.jpg



と言うことで、ねこ親さん募集は一旦ストップです。



ちょぴちゃん、頑張ってなぁ。


来週また経過を聞きにお見舞い行ってきますね。


e0229436_22215138.jpg




そうそう、船橋の病院で診察を待っている間に
ほかの飼い主さんとお喋りしていたんですが
隣に座っていた方がちばわんの元預かりさんで
ねこ親さんいぬ親さんになった方だった、
というちょぴっとサプライズがありました。



ソーニャの話をすると
知人・友人に声をかけてみますよ、
と仰ってくださりました。


e0229436_22244459.jpg




そのお気持ちがとても嬉しかったです^^
お名前聞くの忘れてしまった~



ちょぴちゃん、退院がいつになるのかわかりませんが
早く帰ってきた欲しいな。


不在が寂しい預かり主です。



e0229436_2229469.jpg




*おまけ*


尻の毛が抜けているミミさん。
(おしり穴のまわりが)


e0229436_22322397.jpg




来週病院連れていかにゃ~


e0229436_22332351.jpg

[PR]
by nrkmimiko | 2014-03-16 22:34 | ソーニャ&おとめ | Comments(0)

伝説の男たち

幸せ便りPART2です。


まずは黄金の伝説を作った男・もとなり氏。


2月17日で卒業1周年を迎えました。


このところの大雪で
雪かきやら徒歩通勤やらでへとへとになっておりますが、
うちのお二方はそんな事も意に介さず元気にやっております。

今日は、もっちゃんが我が家にやってきて早、一周年となります。
一年目のご報告をしたいと思います。

最近のもっちゃんですが、
今年は風邪もひかず、涙目にもならず元気に走り回っています。
おっとり師匠とは相変わらずのラブラブぶりで、
いつもくっついて歩いております。



e0229436_16141661.jpg



こたつを出したら、なかなか気にいったご様子で・・・。
朝の寒いときは、師匠と二人でご満悦です。

食欲も旺盛で、我々家臣が夕食を終えると、
おやつの時間ということがインプットされてしまい
大きな声で鳴いて、おやつよこせアピール。
師匠よりも積極的です^^



e0229436_16275229.jpg




食べたら眠くなって、師匠と一緒にお休みタイム。
師匠と違って、もっちゃんはひとり遊びも好きみたいです。
テーブルに置いといた私の髪留めを器用に片手で転がして燃えていました(笑)
そして、どっかにやっちゃうんですが・・・。




e0229436_16284742.jpg




ナデナデもだいぶ好きになったかな。
前から好きだったのだと思いますが・・・
やはり、立って近づくとまだ怖いんですね。
逃げちゃいますが、逃げる距離がとても短くなりました!

もっちゃん、すっごく可愛いんです・・・。
怖がりだけど、寝るときはほんとに大胆なところとか、
怖がりだけど、おいしいものをゲットするときは負けないとか、
怖がりだけど、うんちしたら片付けて~と鳴いて呼ぶところとか、
怖がりだけど、手を出すとずぃっと頭をなでて!と突き出してくるところとか、

もっちゃんと出会えたご縁を下さり、本当にありがとうございます。
師匠も、よき友を得てきっと喜んでいるのでは・・・と思います^^
やつはクールだけど・・・。

これからも、どうぞたくさんの幸せな子が増えますように!
今後とも、よろしくお願いいたします。

ソーニャちゃんにも素晴らしい出会いが待っていますように。
応援しております。



怖がりで怖がりで怖がりな、もっちゃん。


相変わらず怖がりで
あまあまスリゴロにゃんこには程遠いですが
(師匠にはあまあましてるけどw)

おいしい物をお腹いっぱい食べて
遊んで眠ってまた食べて
まったりゆったりと穏やかな日々を送っている様子。


あのもとなりに、こんな優しい生活が待っているなんて…

そして、そんなもっちゃんを
一般的な『可愛い猫』の定義に当てはまらない魅力を(笑)
ねこ親さんが見出して
心底から愛情を注いでくださっているそのことに
涙が出るほど喜びを感じております。


もとなり、ホントに良かったなぁ。
あなたと出会えて、私も幸せです。

ねこ親Sさま、ありがとうございます。
大きな男たちの抑揚のない幸せな日々、
これからもブログやtwitterで覗かせていただきますっ^皿^



お次は国民的人気を誇るあの男。

伝説のシンデレラボーイは
小さな新メンバーの登場で
刺激的な日々を体験した模様です。


以下、ねこ親さんからの
体験レポートをご報告いたします。


e0229436_16441355.jpg



昨年はいきなり電話をして驚かせてしまい、
申し訳ありませんでした。

保護した仔猫は石井さんにお電話したあと
さっそくがっちゃんと一緒にしてみました。
お互い鼻キスで挨拶をして順調なスタートを
切ったかのように見えました。
が!が!この仔猫はものすごい甘えんぼで
がっちゃんのストーカーと化してしまいました・・・。



e0229436_16471272.jpg



がっちゃんになめてほしくて、がっちゃんの口元に
自分の頭をグリグリ押し付け、というより頭突きをしたり、
がっちゃんが歩けば身体をぴったりくっつけながら一緒に歩いたりと、
常にがっちゃんのそばにいたがりました><
さすがのがっちゃんも嫌がって、走って逃げたりしましたが
仔猫のスピードにはかなわず振り切ることはできませんでした。



e0229436_16475470.jpg



がっちゃんはイライラして仔猫に「シャー!!」と怒ったり
していましたが仔猫は全然気にせずストーカー行為を続行・・・。
ちなみに私はシャンプー、爪切り、目薬などしていたので嫌われ、
避けられていました(T-T)
ストーカー行為を私にしてくれればがっちゃんも私も
両方ハッピーだったんですが・・・。
仔猫を保護して一番大変な目にあったのはがっちゃんでした。



e0229436_16484618.jpg



それでも2,3日ぐらいしたら、
がっちゃんは仔猫のストーカー行為に慣れ落ち着いてくれました。

調子に乗った仔猫はがっちゃんのおっぱいを吸い始めました。
さすがに嫌がってもいいだろうと思うんですが
がっちゃんはおっぱいを吸っている仔猫の毛繕いをしてあげたり、
気にせずへそ天で爆睡したりと大物ぶりを発揮していました。




e0229436_16493963.jpg



そして、さらに調子に乗った仔猫はがっちゃんのトイレにも
ついて行きました。
がっちゃんがしっこをしているにも関わらず、
隣で自分も一緒にしっこをしていました。
一つのトイレを同時に使うなんて、さすがにがっちゃん怒るだろうと
思ったのですが、全然気にしていない様子でした。
がっちゃんの器の大きさは並ではありませんでした!


e0229436_16505170.jpg



その後、仔猫は動物病院の先生の紹介で無事に里親さんも見つかりました^^
仔猫がいなくなって、がっちゃんは寂しがるかな、仔猫を捜して鳴いたり
するかなと不安でしたがそんなことは一切なく、のほほんとへそ天で
寝ていました(笑)
がっちゃんは来るものは拒まず、去るものは追わず。
かっこいいです、がっちゃん。
惚れ直しました、がっちゃん。


e0229436_16512753.jpg



ソーニャちゃん、すごくきれいな猫ちゃんですね。
お人形さんみたいで思わずうっとりしちゃいます^^
写真であれだけかわいいんだから、実物はもっとかわいいんでしょうね♪
早く里親さんが見つかるように祈っております。

寒い日が続いておりますがご自愛下さいませ^^




e0229436_16522023.jpg




昨年末、子猫を保護したねこ親さん。

各種検査をクリアした後で、
室内フリーにしていいものか
お電話で相談をいただきました。


預かりの感覚で、がっちなら猫慣れ問題なしだし
「一緒にしちゃって大丈夫ですよ~」と言ってしまいましたが
ひとりっ子暮らしを満喫していたがっちと
天下無敵の子猫パワーをあなどっておりましたorz


e0229436_1655528.jpg



子猫の方は大きくてあったかいがっちを
お母さん猫のように慕っていたんでしょうが、
エネルギーと無礼講の塊のようなチビ猫に
がっち殿下、最初は相当な戸惑いを感じたでしょう。


それでも、いつしか子猫を受け入れ
親子のように寄り添い(でも母猫には見えない不思議)
しまいにはおっぱいチューチューまで許してしまった
マンモスハートのがっちダディ。


e0229436_16583322.jpg




私もますます惚れ直しました(照)


子ニャンコはがっちに家猫ルールを教えてもらい、
良きお宅に縁付いたようでひと安心。



ねこ親Kさま、イクメンがっち、おつかれさまでした。


e0229436_1713743.jpg




卒業した子たちと、そのねこ親さまと
巣立って行ってもこうしてつながりをもてること
嬉しいなぁと思います^^



たくさんの方から応援を受けて、
ちょぴちゃんにもいつかきっと
こうして幸せ便りをいただける出会いが
必ず訪れると信じています。



e0229436_1775177.jpg



ネバーギブアップ。



ソーニャ*ねこ親希望
[PR]
by nrkmimiko | 2014-03-13 17:10 | Comments(2)

what a にゃんだふる world

どうもこんばんわ。

気づけばあっちゅう間に3月ですね。


花粉との仁義なき闘い、
みなさまお疲れさまです。

私は毎日マスクなしで頑張っています。笑


さて、卒業シーズンの3月。

我が家の卒業生たちから幸せ便りが届いております。


トップバッターは昨年末にお嫁入りしたおとめちゃん。


ご無沙汰しています。
おとめもますます元気。
最近のお気に入りは固めのビニール袋を丸めたもので、
投げると超ダッシュで走って取って来ます。

敷いてあるマットが跳ね上がる程のダッシュです。


e0229436_03743100.jpg



また投げてくれと言うので何度も何度も、
飽きもせず、一日に少なくとも30回は投げます。(いや50回かな)

持ってくると手の届くところにぽとんと落としてくれますが、
ちょっと遠くに落とした時は、
「『かさかさ』届かないから持ってきて。」と言うと
器用に手で転がして持って来てくれます。
いつも左手で転がすので左利きなのかな?


e0229436_0383214.jpg



このトレーニングの成果だと思いますが、
筋肉隆々、ひきしまったナイスバディですよ。


大雪の日は窓から外をずっと眺めていて、
翌日はベランダに積もった雪をおそるおそる触っていました。

いつでも会いに来て下さいね。


e0229436_0385634.jpg




元気いっぱいお転婆おとめは健在!


そして、ホントに賢いおとめ。


うちの愛犬パーちゃんですら
「持って来い」ができなかったのに・・・笑


おとめはですね、人間の言葉がちゃんと全部わかってる気がします。


ふぅちゃんとも仲良しで
毎日ねこ親さんにたっくさん遊んでもらって
幸せいっぱいに暮らしているようですよ(*´∀`*)



続いてはレジェンドはくちゃん。


e0229436_0474084.jpg



実は、結石用の療法食で
はくちゃんが食べなかったものを
先月ご支援でいただきました。


普通の子が食べても問題ないのですが、
必要な子がいればその子に―と思い
ねこ親会でもよくご一緒したことのある
rompoさん家
フードのご寄附を送っていただきました。


受け取り猫は、先日めでたく正式譲渡になったロイくん。


e0229436_0472174.jpg



ロイ&パンダ、正式譲渡おめでっとう!


そしてはくママさん、ありがとうございましたm(__)m


お写真でおわかりの通り、
最近のはくちゃんのマイブームは
紙袋にもぐることだそうです( ̄∀ ̄)



幸せ便りはPART2を近日更新予定。



くるさんに掲載してもらったものの、
相変わらずお問い合わせのないソーニャさんも
卒業させてあげたいなぁ。。


e0229436_0595327.jpg




ソーニャ*ねこ親希望



おまけは先日無事に22歳でにゃんにゃーんになったおばば。



e0229436_11199.jpg




最近知り合った方に

「ねこちゃん飼ってるんですね♪いいなー!」

と言われ激しく違和感。



e0229436_122220.jpg




ねこちゃん・・・?笑
[PR]
by nrkmimiko | 2014-03-13 01:05 | Comments(4)