アンバランス

ソーニャんのことで
移動直後気になることがありました。


それは、体の揺れについて。



e0229436_0334922.jpg



動く時、少しふらつきが出ます。

脚の怪我が原因かと思いましたが
腰が細く体の運びが頼りない感じで
止まっている時にも少しゆらゆらします。



e0229436_037508.jpg





センター引き出し→我が家に移動までの間に
お世話してくれていたchieさんも
そのことには気づいていて
足の怪我を治療していた病院で
ふらつきのことは相談していたそうですが


血液検査はすべて正常値で
眼振などの神経症状も見られなかったことから
精密検査は行わなかったとのこと。




e0229436_0432253.jpg





ただ、気になることがもう一点。


頭数が少なく、室内フリーの我が家に来て
初めて気が付いたことですが



ソーニャ、まったくと言っていいほど


音に反応を示しません。




e0229436_0454157.jpg





うしろから大声で呼びかけても、
手を叩いたりして音を出しても、

反応しない。


それどころか、耳を動かさない。



猫って、背中を向けて無視することはあっても

耳だけは正直にこっち向いてたりしますよね。



e0229436_0473571.jpg




ソーニャんはそういった仕草をまったく見せず、
触ると「ビクッ!」として
初めてそばに人がいたことに気付く、

そんなリアクションをとります。



首をいつもかしげているように
頭が右側に傾くのも気になりました。



e0229436_049471.jpg




そんな訳で、
ソーちゃん頭部CTを撮るため
chieさん家に戻って検査入院をしてきました。



結果は―


画像診断では、特に脳内に腫瘍などは見つからず。


耳の件は
右耳の内耳にポリープのような
ちっちゃなデキモノがあって
それは点耳薬で治るか現在治療中です。




e0229436_0555121.jpg




ただ、耳が聞こえているかどうかは
病院の方でも判断できなかったようです。


その小さなおできが原因とは考えにくく、
最悪の要因として恐れていた脳内異常も確認できず、

結局、ようわからん。っていう状態です。



e0229436_058141.jpg





耳が聞こえないなら、
もっと怯えてビクビクしていそうなもんですが
ソーちゃんはとってもマイペースで
毎日ゆったりと過ごしています。



①耳が聞こえないのか、
②はたまた聞こえづらいのか、
③聞こえているけれど、反応する部分に問題があるのか、


預かり主は③の可能性高し、と感じています。




e0229436_111757.jpg





何の根拠もありませんが・・・




体の揺れについては、
先天的な小脳疾患でしょう、とこれは予想していた診断です。



多くの小脳形成不全は
母猫のお腹の中にいる時に、
お母さん猫がウィルスに感染することで
子猫の脳の形成が不完全になってしまい、引き起こされる障がいだそうです。



小脳は運動神経や平衡感覚をつかさどる器官で
小脳欠損の猫は個体差がありますが
みな、運動能力が低くなります。



e0229436_155297.jpg





ソーちゃんも高い場所には昇りません。

歩行には問題ありませんが、
まだ走っているところは見せてくれず、
時々バランスを崩してひっくり返っている時があります。


ただ、後肢の怪我が完治していないこともあり
本来の運動能力がどの程度のものなのかは
現時点では何とも言えない、です。




e0229436_18235.jpg





同じように、小脳形成不全の診断を受けた
黒猫ゆめこ(現タブラ)も
ゆらゆら揺れていたり腰が細く後ろ足が弱かったですが
元気に飛んだり跳ねたりしていました。



e0229436_110064.jpg




でも、もし脚が完治した時に
ソーちゃんが飛んだり跳ねたりできなくても
お家の中で暮らしていく分には
何も問題はないと私は思います。



甘えっ子でお膝の上が大好きで
頭をスリスリこすりつけてきて
動く時にちょっとフラつきがあるものの
ごはんもほかの子と同じようにひとりで食べれるし
トイレもしっかり決めてくれます。



e0229436_1125349.jpg




特別、お世話に手がかかる子ではありません。


小脳欠陥は命に関わるような病気ではなく
進行性のものでもなく
犬猫の場合、治療法もないので

何ていうか、ザックリ言うとまぁ、

「ほっといても大丈夫」なものです。



e0229436_1155441.jpg




ただ少し、体の動きが不安定なだけ。



考えてみると、今我が家にいる保護猫たちは

みんなアンバランス。



もっちゃんは3本足で
高い場所に昇る時は軽やかですが
(後ろ足で力強くジャンプできるので)
降りる時に片足だけで支えきれず
顎をぶつけてる時があります。



e0229436_119217.jpg




でも、もちょはそのことを嘆いたりなんかしない。

おもちゃで思いっきり遊んで
毎日ヨダレ垂らしながら眠ってます(笑)


ありのままの自分でのんびり生きています。



e0229436_1203379.jpg




はくちゃんは原因不明ですが
後肢の力が弱く
ジャンプしても目標地点に届かず
すべったりズッコケたり落っこちたり、よくしてる。


水飲みボウルの上を
ジャンプで飛び越えようとして失敗して
ボウルの中に尻もちをついて
お尻をビチョビチョにすることは日常茶飯事。
(学習せい、はくちゃんw)



e0229436_1231526.jpg




でもはくちゃんは
ズッコケても尻もちをついても
落ち込んだり恥じ入ったりはしない。



自分の失敗に自分で驚いて
慌ててることはよくあるけど
ありのままの自分で今日も元気に動き回ってる。




e0229436_125639.jpg





体の動きがどんなにアンバランスでも

それを嘆いたり憐れんだりするのは人間だけ。

猫たちはそれぞれ何でもない顔して
自分も、ほかの子のことも
自然に受け入れてそのまんまで接してる。



私たちも彼らのように
アンバランスな部分を
その人を形作るもののひとつとして受けとめられたら―



彼らから学ぶことは多いんじゃないかと
もっちゃんと過ごして、はくちゃんと接して、
ソーニャんと出会って思います。




e0229436_130217.jpg




この子らを、異質なものとしてではなく
そのまんまで受け入れてくれるような
優しい家族が現れますように・・・・・・



ソーニャんは右耳と右足の治療中なため
募集はもう少し先になります。


もっちゃん・はくちゃんはご家族さま募集中です。



e0229436_1334451.jpg




お申込みはこちらから。
[PR]
by nrkmimiko | 2012-12-30 01:45 | ソーニャ | Comments(0)

Last Christmas

メリクリ!メリクリ!メリクリ!


もうすぐ冬休みだメリクリ!



さて、今年も我が家にはサンタクロースがお出ましになっております。



去年のクリスマスは

甘えん坊のハニュタクロースでしたが



e0229436_124770.jpg






今年はご存じ、ビビリン坊のサンタクロース。



e0229436_1251030.jpg





サンタ帽にビビるかな・・・と思いきや
全然気にせず嫌がらず
かぶったまんま寝ちゃったりして
いつの間にやら肝っ玉すわりん坊になったもとなり氏。



e0229436_1275113.jpg




預かり主に遊ばれても、ほらこの通り。

ノーリアクションで遊ばれちゃいました。




e0229436_129746.jpg




成長したなぁ、もとなり・・・涙

(眠かっただけかなぁ、もとなり・・。)




続きましては紅一点のお嬢さん、
なぜか父にシルビアと呼ばれているw眠りん坊のサンタクロース。



e0229436_1302919.jpg




実は検査入院で先週chieさん家に戻っていたソーニャ。



詳細はまた後日お伝えしたいと思います。



さて、最後は満を持しての登場です。


食への情熱はがっちに負けるとも劣らない、
食いしん坊のサンタクロースです。



e0229436_1331590.jpg




予想通りご覧の通り、
はくちゃんが1番かぶり物を嫌がりましたので
即はずしました。。


顔を触られるのキライだもんねー。


e0229436_1351679.jpg




「去年のクリスマスは
狭っこい部屋で
ようわからん姉さんに遊ばれたな・・・」




なんてことを、
来年のクリスマスには
優しい家族に囲まれて
思い出してくれることを切実に願う。




e0229436_1401614.jpg





でも猫は過去を振り返らない生きものだから、


「去年のクリスマスはデカい茶トラたちとシルビアんソーニャがいたな」


って来年のクリスマスに私がきっと思えるように





e0229436_1423319.jpg







いっぱい頑張った我が家の預かりっ子たちに、
サンタさんからご縁という名のプレゼントは届かなかったけど

助けを待ってる子は星の数ほどいるから
サンタのおっちゃんも大忙しでしょう。




e0229436_144493.jpg





でもまだ新年のお年玉が残っとる・・・!



良縁のおみくじを引き当てるのは
それぞれの子たちが持っている「運」だとしても


ビッグでハッピーなお年玉を贈れるのは

今パソコンの向こうでブログを読んでいるあなたかもしれませんよ・・・( ̄∀ ̄)




e0229436_1505873.jpg





・・・うまいこと言おうとして何が言いたいのかよくわからなくなってきましたが―



茶トラーずはねこ親さん募集中です。



来年のクリスマス、
もちょなりと、はくちゃんと、
はたまた両方と一緒に過ごしたい!って方は
こちらからどうぞ。
[PR]
by nrkmimiko | 2012-12-25 01:56 | 茶トラーず&ソーニャ | Comments(0)

はくちゃんの攻略法

先日chieさんに会った時、
とてもショッキング~な話を聞きました。


この方の件で。


e0229436_1833434.jpg




我が家に来る前、
chieさんが出していた募集要項に
「人なれ抜群、抱っこ大好き」
みたいなことが書かれていて
それがずっと気になっておりました。



e0229436_1844876.jpg





人なれ・・・抜群・・・

ではないなぁ。。


触りに行けば触らせてくれるし

なでなでしてればゴロゴロ言って

エアーふみふみが止まらなくなるし

人なれしてるかしてないかって言ったら

まずまずでしょうってレベルくらい。




e0229436_1871674.jpg




でも自分から近寄ってきたりはしないし、

基本的に私の間合い圏外で遠巻きに見つめているのが常態。


たまに、たま~に、ホントにたま~~~~~に、


どういう風の吹き回し?ってくらいたま~~~~~~に、


お膝の上に乗ってくることもありますが


基本的に自分からそばにくることはないです。





▽たま~~~に、な瞬間(10分で終了)

e0229436_1810534.jpg





抱っこすればどっひゃーで逃げていくし

だからchieさんったらきっと

ほかの人なれ抜群な茶トラと間違えたんじゃないのぉ~?と

あらぬ疑いまでかけていた次第なんですが。



e0229436_18123681.jpg




先日直接その件について聞いてみたところ

「はくちゃんは入院中も先生や看護婦さんに
 めちゃくちゃ甘えまくっていたもんだから
 この子はきっとすぐにお家が決まるね~なんて
 言われてたくらい人懐っこい子だよ」


なんてことを言われました。




( ̄□ ̄lll)




その瞬間、確定した事実が一件。



「わたし、はくちゃんに嫌われとる」









e0229436_18171516.jpg





誤解がないように言っておきたいんですが


私は猫の預かりをやっている身ながら


猫に嫌われるタイプの女です。



なぜかっていうと、

毛ものたちが好きすぎて

触りたい構いたい根性を抑えきれないからです。




e0229436_1821537.jpg





噛まれてもいい、引っ掻かれてもいい、


とりあえずサイズ的に可能なら

動物はひとまず抱いてみる。


という行動パターンが脳内に根強くインプットされている。


んだろうなぁ、きっと。


相手が怪我してたり病気してたり

触られることで体に苦痛を与える可能性がある時は

手を出したりしませんが。




e0229436_18251729.jpg




もっちゃんみたいな子には

その強引さが有効だったりするのかもしれませんが

たいていの場合、まぁ、対象動物に冷たい目で見られます。



ひとことで言っちゃえば、しつこいんです。

そのしつこさに応えられるのは

それ以上に執拗な要求をやめないこの方くらいのものです。



▽宇宙一しつこい猫


e0229436_18272953.jpg





だからはくちゃんに嫌われるのも

当然かーアハハってなもんです。


誤解のないようにって言うのは

はくちゃんだけが私を嫌うってわけじゃないってことです。

(あ、自分で言ってて悲しくなってきた・・・)



e0229436_18291221.jpg





しかぁーーーーしっ!



家族探しをしている保護猫は
そんなことじゃアカン。



私の身を以て

甘えんぼなまんまるタヌキなんですよ」


って言えるように


「抱っこ大好き人なれ抜群」な生来の気質があるなら

それを引き出せるように


大人の分別をもってはくちゃんと接しなければイカン。


とchieさんの証言を聞いて思いました。



e0229436_18335471.jpg





ミッション1は


・抱っこしない

・キッスは最低限

=しつこく構わないこと




はくちゃんが寄ってきたら

ほどよくシンプルに撫でてあげること

(ほっぺのお肉をつまんだりしないこと)




e0229436_18361437.jpg





ということで、はくちゃん攻略作戦スタートです。



ただ、もしかしたら、

しつこい私がキライってことよりも

もっちゃんがいることが原因なのでは―

という気もします。



はくちゃんはもちょなりが大好きで

大好きで大好きで大好きで


抱きしめてる時があるくらい大好きなんです。




e0229436_18383158.jpg





「甘えたい」気持ちが

もっちゃんによってほぼ満たされているから

我々ヒト族に関心を持ってくれないのでは・・・


という杞憂が一点。




e0229436_184013.jpg





この2匹、ホントに愛し合ってます・・・汗


親子か兄弟か恋人同士か?ってくらい
いつもイチャイチャしていて

キーーーー!!!うらやましいっ!


ってさせられる男2匹。




ふーたりのーため~ せ~かいはあるのーー???



e0229436_18422457.jpg




もっちゃんに負けないように、

好きになってもらえるように、

頑張れわたし。






茶トラーズねこ親さん募集中です。




2匹一緒は大歓迎。


1匹ずつなら何か未知の変化があるやもしれません・・・笑
[PR]
by nrkmimiko | 2012-12-16 18:48 | もとなり&はくほう | Comments(0)

ロシアより愛を込めて

お久しぶりの更新です。

いやぁ、師走ですねー。


ボーナスの金額に驚愕したお世話係です。


いや、あまりにも少なくてね・・・泣




さてさて、そんな中、新入りさんがやってきました。



e0229436_205545.jpg




推定3~5歳の女の子。


ビロードのように滑らかな、
ほれぼれするような美しいグレーの被毛。


血統書なんてあるはずもないですが
このビジュアルは間違いなく、ロシアンブルーではないでしょうか。



e0229436_20104896.jpg





9月に引き取り依頼があり、
るーちゃんが出たあとだったので
預かりの手を挙げました。


ただ、右後足のかかとを骨折していたこと、
お腹にも怪我をしていたこと、

どちらも手術が必要でしたが
痩せていたのでまずはウェイトアップが不可欠だったこと、

などなどから、
chieさん家でケアしてもらっていました。



e0229436_20135978.jpg




お腹の怪我は、毛が生えそろうのを待つだけ、
の状態ですが

右後足かかとの骨折は
骨を固定するために埋め込んだボルトが
まだ入ったままです。


骨がしっかりくっついたのを確認後、
ボルトを外す予定です。


来月あたり病院へ行って確認するつもりであります。




e0229436_20163793.jpg





足がまだ痛むのか、
ボルトが入っているせいで違和感があるのか、

歩き方がヨロヨロと覚束ない感じです。


chieさん宅でも、我が家でも、
ほとんど動かずベッドで丸くなっています。



e0229436_20182610.jpg




足が完治したらもっと活発になるのか、
そのへんは未知数ですが
今の時点ではたいへんおとなしい子です。


移動直後も隠れたり探検したりせず、
手近なベッドやマットの上でくつろいでいます。



e0229436_20202370.jpg




人なれは問題なし。


ナデナデすると頭をぐりんぐりんしながらこすりつけてきて
ふらつきながらも甘えてきます。


抱っこもお膝の上も嫌がらず、
自分から膝やお腹の上に
ヨロヨロしながらも乗ってきたりします。



e0229436_2024065.jpg




ただ、猫が苦手みたいです。


自分から攻撃しに行ったりすることはないですが
ほかの子が近づけば威嚇します。


住み分けが可能なら
先住さんのいるお家でも大丈夫だと思いますが

ひとりっ子が理想ですね。



e0229436_20255958.jpg




で、仮名なんですが。


ロシアンブルーっぽいってことで
chieさん家では「アンちゃん」と呼ばれていたとのこと。


ただ、募集中の子で同じ名前の子がいるので
別の愛称を考えました。



ロシア・・・から連想するもの―


ボルシチ・・・ピロシキ・・・マトリョーシカ・・・



e0229436_2028323.jpg




ドストエフスキー・・・チャイコフスキー・・・シエフチェンコ・・・



うーん、どれも長ったらしくて呼びにくい・・・



あ、プーチン。



プーチン可愛いじゃん、プーチン。


と言うことで、プーチン。




に、一時は決まりかと思いましたが

どうしても由来となったプーチンが目に浮かんでしまうので

ギリギリで却下。




e0229436_20325883.jpg




『ロシアの女の子の名前』で検索したところ


ヒットしたのが “ソーニャ”


ソフィアという名の愛称で、
「ねぼすけ」「よくねるもの」と言う意味もあるそうです。




e0229436_20343287.jpg




猫は寝子と書く、っちゅうくらいよく寝る生きもの。


おぅ、ピッタリじゃんか~ってことで。


ソーニャちゃんです、どうぞよろしく。



e0229436_2035982.jpg




健康面でまだ気になることがありますので
募集はちょっと先になるかと思います。



ゆっくり元気になっていこうね、ソーニャ。



e0229436_20365280.jpg





さて、おとなしいソーニャ嬢なのに

新入りってことで怯えているのは

この茶トラ(大)



e0229436_20374233.jpg




もっちゃんのほうが倍以上体も大きいのに・・・

ソーニャは何もしてないのに・・・



しょうがないビビリン坊将軍だぜorz


e0229436_20393825.jpg




茶トラ(小)は大丈夫。

ただ、近寄ったりはしません。

ソーニャがかもし出す「猫嫌い」オーラを感じているんでしょうか。。




e0229436_20403554.jpg




茶トラーずはねこ親さま絶賛募集中です。
[PR]
by nrkmimiko | 2012-12-13 20:48 | 茶トラーず&ソーニャ | Comments(4)