虹の橋へ

e0229436_1927386.jpg



昨夜、愛犬のパズーが亡くなりました。

14歳でした。





昨日は普段と何も変わらない1日に思えました。
パーちゃんはいつもと同じように、
朝も元気にご飯を食べて、散歩に行きました。


ただ、私が半ドンで仕事を終え、15時すぎに帰宅した時
何やら左目をかゆそうにしているのが気になったので
母と2人で17時ごろに病院へ連れて行きました。


いつもと同じように、元気いっぱいでお外に繰り出し
老犬とは思えない力でグイグイ引っ張って先に立って歩き、
本当に、いつも通りのパーちゃんでした。



が、病院に着いて待合で待っている間に
何やら様子がおかしくなり
普段ならしない姿勢でうつ伏せになって
頭をあげているのが億劫そうな仕草を見せました。


診察室に入って先生にその様子を話すと、
加齢による心雑音もあるし
精密な血液検査をしておきましょうと言われました。
(かゆがっていた目は何ともありませんでした)

その場ですぐ結果が出る項目はすべて正常値で、
外注する検査項目は来週結果を聞きに来る約束をし
暗くなり始めた帰り道を我が家へ急ぎました。


ところが、少し歩いたところで座り込んで
歩きたくないという素振りを見せ始めました。
お散歩が大好きなパーちゃんが、
そんなことをするのは初めてのことです。


もう老犬だし、久しぶりの病院でよほど疲れたんだろうと思い
14kgあるパーちゃんを母とふたりで交代で抱き上げて
少しずつ進みました。


が、ひと休みしようと腰を下ろしたベンチの前で
ついにはぐったりと横になってしまい
呼吸がどんどん荒くなって苦しそうにし始めたので
急いで携帯で父を呼び寄せ、病院へ逆戻りしました。



再び診察台の上に載せ、苦しそうに力んでいるおなかのあたりに
超音波を当ててもらいました。


触診では異物が確認されませんでしたが
エコーの結果、肝臓の近くに明らかに内臓ではないと思われる塊が見つかりました。
その周囲には腹水も広がっていました。


先生曰く、その塊が破裂したんじゃないか―とのことでした。


ただ、その塊の正体を調べるためには
もっと大きな病院で太い針をおなかに差し込み
塊の一部を取り出して生検にかけるか、
実際におなかを切り開いてみないとわからないかもしれない。
そして、そういった検査は大きな痛みが伴い
開腹すれば多量の出血が予想されるため
下手をするとそのまま命を落とす危険もある・・・

また、その塊の正体がわかったところで
高齢のパーちゃんが闘って打ち勝てるものなのか―

いずれにしてもリスクが非常に高い、と説明を受けました。


とにかく今は、苦しんでいるパーちゃんの痛みを
少しでも取り除いてやりたいと思い
痛み止めの注射で様子を見ることになりました。


大きな検査をするにしても、その先に手術が必要だとしても、
とにかく今の状態ではどちらも始められないため
翌日分の鎮痛剤をもらってその日は連れて帰りました。


そして、帰宅後。

薬の効果がなかったのか、帰ってきてからもずっと横にふせって
苦しそうに浅い呼吸を繰り返していました。


e0229436_19283842.jpg



足先や鼻先は血の循環が悪くなったために
氷のように冷たくなり、
口の中は歯茎も舌も真っ白になっていきました。


e0229436_1929153.jpg



何度か起き上がろうとして頭をあげるも、
すぐに力が抜けてしまって
苦しそうに横になってしまう愛犬を前に、
そばにいてなでてやることしかできませんでした。。


そして、22時すぎ。

呼吸が静かになってきたと思ったら、
目からどんどん光が失われていき、
何度か引きつけのような痙攣をしたあとで
そのまま、動かなくなりました。


e0229436_19294224.jpg



たった数時間前までは、いつもと変わらず元気だったのに。


あまりにも突然の死でした。


毎年の健康診断では、何も異常は認められませんでした。


心臓が年相応に弱ってきているので
定期的にお薬を飲み始めた方がいいかな、と話していた矢先でした。


夏頃から、少し疲れやすくなったように感じていましたが
それでも涼しくなってきた最近では、また元気を取り戻し
軽やかな足取りでおでかけするようになっていました。



でも、もっと早く異常に気付けたんじゃないか・・・
倒れたあの時、設備の整った大きな病院に連れて行けば
何とか助かったんじゃないか・・・


後悔ばかりがふくらみます。。


e0229436_19304172.jpg



一夜明けた今日、
朝からご近所の人たちが何人もパーちゃんに会いにきてくれました。


古くから近隣に住む人たちの中で
パーちゃんを知らない人は誰もいません。


パーちゃんは近所のアイドルでした。


となりのおばさんは、まるで我が家の子を失ったように
涙を流して悲しんでくれました。


e0229436_19311887.jpg



昼ごろ、横浜から兄もかけつけました。


そして、家族全員がそろったところで
葬儀屋さんが到着し、小さなお葬式が行われたあと
火葬のために連れていかれました。


e0229436_19315018.jpg



戻ってきた遺灰は、しばらく玄関の家族を見送る場所に安置しておきます。

今まで通り、毎日パーちゃんに
「行ってきます」と「ただいま」が言えるように。。


e0229436_19322268.jpg




14年前、一軒家への引っ越しを期に家族入りしたパーちゃん。

近所で生まれた子犬をもらってきました。



e0229436_19384975.jpg



ころっころの子犬だったパーちゃん。



e0229436_1939184.jpg




5匹兄弟の中から、「この子にする!」と決めたのは私でした。
大好きなジブリ映画からとって、パズーと名付けたのも私でした。


中学時代は私が毎日、放課後お散歩に連れ出しました。
今ではマンションが建ってしまった場所に
かつて広い原っぱがあって、そこでいつもボール投げをして遊びました。


ここ数年は仕事が忙しく、
お散歩はおもに父が連れて行っていましたが
週末などは少し遠出して近くの大きな都営公園まで足をのばしました。



e0229436_1940182.jpg




思い出は数えればきりがないほどたくさんあります。


もう、パーちゃんがどこにもいないなんて信じられません。


寂しくて寂しくてしょうがないです。


あまりにも突然の出来事に、パーちゃんの死に、実感が湧きません。

嘘みたいで、信じられないです。



e0229436_19405737.jpg




可愛い可愛いパーちゃん。


我が家の大切なパーちゃん。



最低でもあと2,3年は、生きてくれると信じていたのに。。



パーちゃん、虹の橋で、待っててね。。


必ず会いに行くから、みんなが行くまで待っててね。



e0229436_19492690.jpg






*今回、ねこ親会はギリギリで参加取り消しとさせていただきました。
 運搬を申し出ていただいたSさん、ちばわん運営メンバーのみなさん、
 てぃと&ちび太に会いに来てくれた方、ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。。
[PR]
by nrkmimiko | 2011-09-25 19:36 | うちの子 | Comments(0)

生き残った男の子

「てぃとの名前の由来ってなんですか?」


e0229436_2513941.jpg



と、てぃとちんの実家の母であるChieさんに聞いたところ


「ジャクソンファイブがね・・・お母さんがきゃさりんでね・・・」


と色々説明してくれたんですが


年代の違う私は 「?????」


となってしまったので最終的に


「検索して」と言われました。笑



と言うことで“ジャクソン5”で、検索っ!


e0229436_2551248.png




ジャクソン5

『ジャクソン5(The Jackson 5。のちにはジャクソンズ、The Jacksons)は、
 1962年から1990年にかけて活動したアメリカのポピュラー音楽の5人組グループ。
 キャサリン・ジャクソンとジョセフ・ジャクソンの息子たち、
 ジャッキー、ティト、ジャーメイン、マーロン、マイケルの5人がメンバー。』


―出典・Wikipedia



おっ!てぃと発見!



「ぼく?」


e0229436_12301771.jpg



へぇ~~ティトってマイコーのお兄やんのことだったんかぁ。



「マイコーってだぁれ?」


e0229436_1241462.jpg



マイコーだよ、世界のマイコー。ぽーーーーー!!!ってやる人。



e0229436_12433146.jpg




「姉さん・・・その説明は世界のマイコーに失礼すぎるよ。。」


e0229436_12442815.jpg




こりゃまたごめんなすって( ̄∇ ̄*)ゞ



え~なになに・・・


ティト・ジャクソン

『ティト・ジャクソン(Toriano Adaryll "Tito" Jackson、1953年10月15日 - )は
 アメリカ合衆国のギタリストであり歌手。
 ジャクソン一家の次男で、弟の一人はマイケル・ジャクソン。

 ジャクソン・ファイブが出来る時、子供達が楽器を弾いたという逸話があるが、
 その父親が大切にしていたギターを(勝手に)弾いたのがティトである。
 ジャクソン・ファイブの歴史はティトから始まったと言っても過言ではない。』



ジャクソン5の歴史はてぃとから始まった・・・!



てぃとすごいじゃんっ!伝説のグループの発起人(?)じゃんっ!!



「・・・?」


e0229436_12522040.jpg




てぃとすごーーい!超かっちょいい~~☆(≧∇≦)!!



「なんかよくわかんないけど・・・」


e0229436_1256342.jpg




「褒められてる・・・?」


e0229436_12564783.jpg



「ぼくってすごい・・・!」


e0229436_12571793.jpg




嬉しくってびよ~~~ん


e0229436_1258093.jpg





そんな偉人から名前をもらったてぃとですが、
同じくジャクソン一家から名前をとった兄弟・仲間たちがいました。



e0229436_1352967.jpg




まいける、まぁろん、じゃぁみん、りびぃ、じゃねっと、らとや・・・


みんな順調に成長していたかに思われましたが、
センターの劣悪な環境からやってきた子猫たちは
パルボウィルスに感染してしまい
あっという間に次々と命を落としていきました。。


e0229436_1375866.jpg




てぃとも一時は危ない状態だったそうです。。


病院に何度も通って、毎日点滴をして、小さな体で必死に病気と闘いました。


e0229436_139832.jpg



そして今、こんなに大きくなって、立派な青年へと成長しました。


e0229436_139508.jpg




当時のことを、私は直接知っているわけではありませんが
Chieさんの過去ブログを読んで、話を聞いて、
てぃとに対する熱い想いが込み上げてくるのを感じました。



小さな小さな、てぃと。


苦しかっただろうな・・・痛かっただろうな・・・怖かっただろうな・・・


ちっちゃな体で、どれだけのつらい想いを乗り越えたんだろう。。



e0229436_14264076.jpg




てぃと、頑張ったね。えらかったね。
一生懸命大きくなったんだね。
そんなてぃとを、誰にも否定することはできないよね。


e0229436_14332397.jpg



【生き残った男の子】は、必死で生き抜いた男の子。


てぃとが元気でいてくれることが、
ごはんのおかわりをねだったり、いいうんちをしてくれたり、
ガブガブ水を飲んでくれたり、おもちゃを追いかけてジャンプしたり、

そんな当たり前のことが、てぃとが元気に生きていてくれることが
何にも代えがたい尊いことだって、姉さんは感じてます。



e0229436_14375210.jpg





子猫の1番可愛い時期は過ぎてしまったかもしれない。

でも、今のてぃとをそのまんま丸ごと受け入れて
大切にしてくれる家族は、きっといる。


愛と言う字は、心を受けとめるって書くんだって、
何かの本に書いてあったよ。


てぃとが可愛くて可愛くてしょーがないっ!って人が
必ずいることを信じて、もう少しだけ仮宿暮らしで頑張ろう。


e0229436_1454026.jpg




もちろんちび太もね!


e0229436_14574333.jpg





てぃと&ちび太は、今月25日の品川ねこ親会に参加します。


2匹が気になる方は、是非会場まで会いにいらっしゃってください^^



e0229436_1522397.jpg




*ねこ親会は13時半~の開場となります。(いぬ親会は通常開催です)
[PR]
by nrkmimiko | 2011-09-17 02:56 | てぃと&ちび太 | Comments(2)

がっちぽんよ、永遠なれ

全国のがっちファンのみなさん。


お久しぶりです!がっちだよ!!!


e0229436_21133385.jpg




ひと月前の8月7日に、優しいご夫婦のひとりっ子として迎えられた、
シンデレラ中年ボーイのがっちまん。


何の問題もなくトライアル生活は終了し、
9月7日に無事、正式譲渡となりました!いぇいいえ~い☆


e0229436_2115498.jpg



ねこ親・Kさまより、
がっちへの愛がたくさん伝わってくる
幸せ便りが届いていますのでご紹介いたします^^


がっちゃんは本当にいい子です。
いたずらも全然しませんよ。壁での爪とぎもありません!

がっちゃんのかわいい、かわいい寝姿の写真が
撮れましたので添付しますね^^

主人と私はがっちゃんに夢中です♪
本当にがっちゃんはかわいいー!
私はデジカメを片手にがっちゃんの
パパラッチをしてます。




e0229436_21213852.jpg




いやぁ~~ん♪
がっちったら、相変わらずおなかがハゲちゃびんでぽんぽこりんっヾ(≧∇≦)ゞ


心配していた壁ガリガリもやらないなんて
なーんて可愛くてお利口さんなんでしょっ(←預かりバカ)


がっちは本当に表情豊かで、
被写体としては最高の逸材だと思います!

カメラが手放せなくなるのわかります!


友達にがっちゃんの写真を見せても誰も
かわいいと言ってくれないのが不思議です(笑)
主人と、がっちゃんは写真写りが悪いからだねと
言って納得させています。



がっちの可愛さは生じゃないとなかなか伝わらないのです。


お友だちも、生がっちに会えばきっと


「いやぁ~~ん!なんて可愛いにゃんこなのぉ~~!」


ってなっちゃうこと間違いなし!!笑


まんまるな顔と、まんまるな体と、まんまるな優しいはぁとを持ったがっち。


あんなにいい猫は滅多にいないですよ!



e0229436_21264670.jpg




がっちゃんは本当にかわいくておもしろいですね。

私は猫って涼しい場所を見つけて移動するものかと思っていたのですが
がっちゃんはなぜか一番暑いリビングにいることが多いです(笑)
勝手に「私たちのそばにいたいんだね。」と言って主人と二人で
ニヤニヤしています。



e0229436_21273464.jpg




人のそばにいることが好きだったがっちま。


大好きな家族と、いつも一緒にいたいんだね。
いつも一緒にいてくれる家族ができて、ホントに良かったね、がっち・・・



e0229436_21285657.jpg





ぬいぐるみのカエルさんがぺしゃんこになってるよ、がっち・・・



e0229436_21293366.jpg





夜中にトイレに行くとがっちゃんが「なでて~。」と
やって来るとがっちゃんloveの私は
何時だろうと撫でてしまいます^^
かわいいからつい・・・。

朝も目覚ましの音=ごはんがもらえる時間と覚えたようで、
目覚まし時計が鳴ってもなかなか起きないと、「にゃ~!」と
鳴いて起こしてくれます。おかげで寝坊することはなくなりました♪
ありがとう!がっちゃん!


唯一、困ることと言ったら私たちが食事をしている時の
がっちゃんの視線でしょうか・・・。
食べ物をじーーーーーーーーっと見つめていて
ひじょうに食べにくいです(笑)




e0229436_21304335.jpg




食べ物にたいする情熱も相変わらずのようです(笑)


健康を損なわない程度に、まんまるでいてほしいと願う預かり心です(´ω`*)



8月下旬に徒歩5分程の動物病院に行きましたが
がっちゃんは重かった!!!
主人に運んでもらったのですが、腕がもげそうになったそうです(笑)
5分の道のりなのに、途中で休憩をいれないと無理でした。
健康診断をしていただいたのですが、先生に「立派な体格ですね~。」と
お褒め?の言葉をいただきました。体重はなんと6.2キロでした・・・。
ダイエットフードに変えようか検討中です(ToT)




ふふふ^^

わかります、わかります。

私もがっちがあまりにも重いので
リュック型のキャリーを買ってみたんですよ。


そうしたらですね、肩がもげるかと思いましたね。


でも、背中に感じる確かすぎるがっちの重みと温かみに
頬がどうにもゆるんで止まらなかったんですね。



↓キャットタワーからはみだしてるがっちw



e0229436_2135693.jpg




Kさん、がっちの写真をたくさん送ってくれました。


その写真を見るたびに、目頭が熱くなりました。




がっちゃんが可愛くて可愛くてしょーがない!

Kさんご夫妻のがっちへの愛が、メールの文面から伝わってきますでしょう?


これから先ずっと、ずーっと、
がっちはおふたりの愛情を大きな体いっぱいに受け止めて
幸せに、のんびりゆったりと暮らしていけるんですね。。。


Kさん、本当にありがとうございます。


がっちを見つけてくれて、愛してくれて、大切にしてくれて・・・

これからもどうぞよろしくお願いします(*´∀`*)



大好きな大好きながっちぽんは、
最高のご縁をつかんで、夏空のように晴れやかに、卒業しました。



e0229436_21401477.jpg




がっちぽんよ、永遠なれ。


にゃんこNo.968 【がっちゃん】 卒業emoticon-0171-star.gif



ちなみにKさんご夫妻より、

社交辞令ではなく、是非遊びにいらしてくださいとのお言葉をいただいております。


お言葉、しかと受けとめました!(笑)ありがとうございます!


「がっちとの再会」を、ブログに更新できる日を夢見て頑張る私です!




さあさあ、ここにも最高のご縁組みを待っている成猫がいますよ~!



てぃと!ちび太!


気合入れていくぞーーーー!!!



「へっ?」


e0229436_21504128.jpg




「気合ってなにそれ美味しいの?」



e0229436_21531191.jpg





・・・最近の若者はまったく・・・( ̄Д)=3
[PR]
by nrkmimiko | 2011-09-09 22:08 | がっち&てぃと | Comments(4)

ぺろぺろマン・ちび太

ちばわんの募集要項にも載せましたが、
ちび太くんは、人肌を舐めるのが、ごっつい好きです。


e0229436_2123398.jpg



されるがままにしておくと、


いつまでも



e0229436_213123.jpg




いつまでも



e0229436_2134523.jpg




いつまでも



e0229436_2144134.jpg




舐め続けます。



e0229436_215988.jpg




犬だってこんなには舐めんだろう、と思うくらいの



エンドレスぺろぺろ。



e0229436_2171525.jpg





猫の舌は、皆さんご存知の通り、

わんこのようにつるんとはしていません。



毛づくろいをするため、ブラシのように細かい突起があって

擬音をつけるならぺろぺろって言うかむしろジョリジョリ。



e0229436_211541100.jpg




でも別に痛くはないです。



我が家の白さんで慣れてるからかもしれませんが・・・




元祖ぺろたん↓


e0229436_21171122.jpg




あだ名はぺろみ(本名ミミコ)



e0229436_21232555.jpg





ぺろみさんは、顔も舐めます。


一度誤って、口の中まで舐められたことがあります・・・



結果的に猫とディープキスをしてしまい、ひぃいいいいい~~!



っとなりました、あの時は。





ちび太くんは、顔は舐めませんのでご安心を。




「ぼくは手足の指が好きさ」



e0229436_2131633.jpg





足はくすぐったいから舐めんといてよ・・・




「じゃあその分、手の指を舐めてあげます」



e0229436_21391175.jpg





「ぺろぺろじょりじょーり」



e0229436_21411494.jpg





どうもありがとう。。




「どういたしまして☆」



e0229436_21432898.jpg





「ちび太くんは変わってるなぁ」



e0229436_21452924.jpg





「ぼくにもペロペロして欲しいなぁ」



e0229436_21473248.jpg




8:2の割合で、人間ぺろぺろの方がお好きなようです。



仲は良いんだけどね。



e0229436_21503995.jpg




人肌の感触が何かツボってるのか、
仲間だと思って毛づくろいしてくれているつもりなのか、
自分の匂いをつけようとしているのか、


なんだかよくわかりませんが、



今日もちび太くんはせっせとペロペロしてくれます。




☆お手々を舐め隊・ぺろぺろMANちび太☆



e0229436_21561918.jpg





こんなちび太くんに、ぺろぺろじょりじょ~りされてみたい方は
どうぞこちらまで→ちび太☆ねこ親希望



ちなみにてぃとくんは、甘えモードに入った時、
スリスリするついでにちょろっと舐めちゃうことはありますが
基本的には人肌ペロペロはしません。



「だってねぇちゃんの手は犬とか猫の口のにおいがするよ・・・」



e0229436_21595981.jpg





どれどれくんくん・・・



ホンマや!!!(”ロ”;)




*おまけ*



友人宅のまめぞう。


大福豆がどうとかで、豆蔵なんだとか(うろ覚えw)


e0229436_22386.jpg




ステキすぎる配色とステキすぎるもったりとした体型に

追いかけまわして嫌われた私。。
[PR]
by nrkmimiko | 2011-09-04 22:07 | てぃと&ちび太 | Comments(0)