365日のプリッツ


去年の7月、chieさん家から移動してきたプリッツ。



e0229436_22553560.jpg



「怖がりだよー」と言われましたが、

「触れる子ならいける...!」と思い

どっちかって言うと私から預かりたいと申し出た記憶が。



e0229436_22573520.jpg




やって来たプリッツさんは、

巨体ふくよかボディとは正反対で

肝っ玉がマクロサイズで

触れるっちゃあ触れるけれど、

常にお耳ぺったんで触れ合おうとするとフリーズして

あんまりしつこくお触りすると、


低い唸り声からの~~


爪出し強烈猫パンチ(出血必至)


e0229436_230996.jpg




近づいても逃げてしまうし、

心を許してくれる気配はなっしんぐ。


ワクチンで病院連れて行った日にゃあ

パニックで暴れまわり鎮静のために麻酔を打つ始末・・・



e0229436_2315090.jpg



「まぁ、ゆっくりしていきたまえ」と

泰然と構えているうちに


ルームメイトは入れ代わり立ち代わり、

気が付けば1年の歳月が流れていました。



e0229436_233878.jpg




それでも、1年も一緒に暮らしていれば

プリッツもだいぶ私に慣れてくれて



毎朝「ごはんちょーだい!」と大声で催促したり


ふと振り向けばこんな格好で寛いでいたり



e0229436_2355625.jpg




かなりリラックスして生活しているなーと感じていました。




きっとまだしばらくは、
我が家で一緒に暮らしていくんだろうなって

そう思っていたけど。



e0229436_237302.jpg




ご縁と言うのは不思議なもので

まったく予想外の方向から

縁談が持ち上がったのです。



e0229436_2393844.jpg




我が家は両祖父母の代まで動物好きで

家系だなと思っているんですが


足立区に住んでいる父の妹(私にとっては叔母)と
私の母が誰かのお葬式のことで?(って言ってた気がする)
久しぶりに連絡を取ったらしいのですが

その時に叔母の家で飼っていた子が亡くなり
新しい子を迎えたいと思っている・・・と言うような話が出て
そこで母がプリッツを押したそうなんですね。



e0229436_2315796.jpg




その日の夜、たまたま私は実家に帰っていて

叔母さんにプリッツを勧めた件を聞き

「いやいや、だってプリッツだよ?
いくら親戚だって人馴れしてない子だし、
どれだけ怖がりなのか知ったら叔母さんも遠慮するでしょ」と
まったく期待せずに叔母さんと電話で話すことになったんですが。



e0229436_2318206.jpg




叔母ちゃん 「全然いいよ~」

わたし 「え、でもすごい怖がりだよ。抱っことかできないよ」

叔母ちゃん 「うん、別にいいよ~」

わたし 「いやでも、唸ったり手が出たりするよ。ケガするよ」

叔母ちゃん 「あははw気にしないけど私しつこいけど大丈夫かな」

わたし 「いや、私も大概しつこいんだけどさ。野良猫みたいに慣れてないよ」
    (共通DNAをビシビシ感じる・・・)

叔母ちゃん 「うん、いいよ~いつなら大丈夫?」



e0229436_23235357.jpg




と言うことで、まったく期待せずにかけた電話で

プリッツお嫁入り決定どん。

それでもしばらく半信半疑でしたが、

あれよあれよとトントン拍子に話が進み、
本日お届けしてまいりました。


e0229436_23253342.jpg



足立の家に行くのは初めてだったんですが
(て言うか叔母ちゃんに会うのも数年ぶり)


見事なまでのキャットハウスでございました(笑)



e0229436_23263350.jpg




キャットタワーなんてのは序の口ですよ。

写真左下の穴をご覧ください。


e0229436_23272467.jpg




これ、猫用の通路口でこれをくぐると・・・



e0229436_232893.jpg



吹き抜け部分にキャットウォークが!


左側にも猫通路があり、
そこを抜けるといとこの部屋に続きます。



e0229436_2329177.jpg




下から見るとこんな感じ。



e0229436_23294928.jpg




壁にもほら!

ここを伝って上階と行き来することもできる仕様です。



e0229436_23304493.jpg




至るところに猫グッズがあり、

私が住みたいくらいでした(笑)


e0229436_23314350.jpg




e0229436_23315890.jpg




あぁ、子どもの頃から犬猫に囲まれて育って
(祖父母の家には常に何か動物がいた)


NOにゃんこNOライフなんだなぁ、
私もきっとこうなるんだろうなぁ、と


DNAのつながりを意識ww



e0229436_23331756.jpg




さて、主役のプリッツさんはと言えば

キャリーから無理やりお出しした瞬間
すみっこにピヤーーっとダッシュして
部屋の隅でブルブル震えておりましたorz



e0229436_23341615.jpg




声をかけてナデナデすると

「わぉ~~ん!わぉ~~ん!」と

世にも悲しい声で鳴いていました。



e0229436_2335667.jpg




でも、叔母さんにも一応触らせていました。
(恐怖でもう何が何だかわからなかったんだろうけど)



e0229436_23364863.jpg





覗き込む兄妹↓(父&叔母)



e0229436_23582833.jpg




たぶん、人間の方は問題なしです。


私とよく似た叔母さんなので(私が似てるのか)

唸られても引っかかれても
めげずにスキンシップしていってくれると思うのですが
(そしてぶちゃかわツンデレなプリッツが
可愛くてたまらなくなるに違いないと思うんですが)


心配なのは、先住猫との相性。




e0229436_004439.jpg




先住の「ハナくん」 オス 10歳くらい。



e0229436_013747.jpg




ゴージャスな毛並みとゴージャスなボディの持ち主(8キロ越え)



e0229436_02527.jpg




こんなにゴージャスですが、保護猫出身で
たいへんおっとりした温厚な子、とのこと。


順繰りに両親と私とみんなで抱っこしましたが、
とっても大人しくてどっしりしていて
大きな体で早歩きに逃げていく姿が
とんでもなく可愛かったです(笑)



e0229436_054818.jpg




優しいオス猫だし、
プリッツが後から来た形だし、
大丈夫かな・・・

仮に仲良くなれなかったとしても、
一軒家なので住み分けできるでしょう、と叔母談。



e0229436_073220.jpg




ハナくん、キャリーをクンクンしていましたが

プリッツに近づけても
あんまり興味なさそうに
ポテポテとスル―しておりました。


(プリッツはもちろんそれどころじゃありません)


e0229436_083034.jpg




トライアルは、特に設けませんでした。

一応1ヶ月お試しで、という話をしましたが
「怖がりな子なら移動のストレスを何度も与えるのは可哀想」
という叔母さんの優しい気持ちがあり
本日を持って、プリッツは卒業ということになります。


e0229436_015211.jpg



ハナくんと、それこそシャレにならないケンカをするくらい
相性が悪ければ別ですが
新しい場所で固まって隠れて出てこない状況は
多分どのお家に行っても同じだと思うので。


慣れるまで時間がうんとかかると思うけれど
プリッツ、一応正式譲渡です。



e0229436_0174688.jpg




怖がりなプリッツ。


きっと今もまだ、何が起こったのか理解できず
怖くて怖くて、心も体もぶるぶる震えているでしょう。



でもね。




お届けの数日前、

初めてプリッツの喉を鳴らす音を聞きました。


いつものように、しつこくナデナデしながら
声をかけていたら

うっとりと目を閉じて、身を任せるように
ほっぺを私の手に押し付けて、

ゴロゴロと気持ちよさそうに喉を鳴らしてくれたんです。


お届けまでの1週間、毎日その音を聞くことができました。



e0229436_022348.jpg




焼きカツオを手から食べてくれるようにもなりました。



嬉しくて嬉しくて、
多分スリスリなんかし始めた日には
私、手放せなくなってたと思います。



e0229436_024565.jpg




今はまだ、怖くてブルブルなプリッツでも
来年の今頃には、叔母ちゃんの手に顔を控えめに押し付けて
ぶるぶる喉を鳴らしていると思うのです。



e0229436_02705.jpg




意外なほど
プリッツがいなくなってとても寂しい私ですが、


慣れてしまえば、我が家にいるよりも
叔母ちゃん家の方がずっとずっといいはず間違いなし!なので
寂しさはグッとこらえて、
プリッツの幸せを全身全霊で祈りたいと思います。



e0229436_0315415.jpg




長く応援していただいた皆々様に

深い感謝を申し上げますとともに

実家の母であるchieさんにspecial thanksを。




e0229436_0335332.jpg




プリッツのいない静かなる朝。


明日起きれるかな・・・笑




ちなみに夜、実家に入った叔母ちゃんからの報告によると

ハナくんがプリッツにシャーしたそうです。。


ハナくんのシャーは10年飼っていて初めて見たそうです・・・






大丈夫かな・・・汗


ドキドキしながら経過を見守り隊しようと思います!
[PR]
Commented by みどりママ at 2016-08-19 22:34 x
おお!お久しぶりでございますが、予想外の(笑)出来事に動揺しております。
プリッツさん...ほんとにほんとに良かった〜!!「何かの縁」って本当にあるんですねぇ。
終の住処になりますように!!同居猫さんとうまくいきますように!!心から幸せになれますように!!
Commented by nrkmimiko at 2016-08-21 17:49
>みどりママさま

ご無沙汰しております~!
ブログをいつもコソっと覗いています(笑)

プリッツさん、思わぬところに赤い糸がつながりました。
私が予想していたよりずっと、
リラックスできているようです!
ありがとうございます!
by nrkmimiko | 2016-08-01 00:45 | プリッツ&マナティ | Comments(2)