回復する傷

ソーニャんの左後ろ足には

砕けた骨を固定するために

ボルトが2本と無数のワイヤーが入っていて

骨がくっついたあとは

飛び出していたボルト1本以外、

ガッチリ嵌っていた人工物はそのまま残していました。





e0229436_1729674.jpg




が、埋没処理とした残り1本のボルトが


なぜなのかどうしてなのか


またしても飛び出してきてしまい


大へん危ない感じでしたので病院へ行き相談しました。




e0229436_17322372.jpg




その結果、ボルトはとにかく抜かなきゃいけなくて

そのためにはボルトと骨を固定させているワイヤーも

同時に抜かなきゃいけなくて

そうすると後ろ足の2か所からメスを入れた上で

異物を取り除かなきゃいけなくて―



e0229436_17373447.jpg




先週日曜日、もっちゃんお届けの最中に

ソーニャんは手術を受けました。



もっちゃんを送り出せた喜びを噛みしめながら


血だらけの包帯を足に巻いたソーニャんに胸を痛め


なんとも言えない心もちで帰路についた日曜日。



e0229436_17405365.jpg




傷口を舐めないようにエリカラは必須。


もともとバランスが悪いところに、

痛む足、首まわりは邪魔なカラー、と

ソーちゃんとても動きづらそうで、見てられなかった。


でも、フラフラと足を引きずりながら

それでもお膝に乗ってこようとするソーちゃんが


健気で痛々しくて愛おしくて。



e0229436_17443238.jpg




たった1度の骨折。


どんな事故があったのか、

そもそも事故が原因なのか、

何があったのかはソーニャんしか知らない。



でも、たった1度の骨折で


ソーちゃんはもう半年も苦しんでる。



e0229436_17504683.jpg





翌日には血だらけの包帯を外しましたが


縫合した傷口がまだ痛々しく


足を床につけるのは困難で


少しでも緩和できれば、と3,4日は毎日新しい包帯と交換しました。



e0229436_1753928.jpg




また、原因不明ですが


右後ろ足のかかとも


ソーちゃんなぜか執拗に舐めたり齧ったりするため


毛が抜けて皮膚が炎症を起こしている状態。



エリカラをつけていても器用に右足は舐めてしまうので

同じく包帯で保護。



e0229436_17555732.jpg




この1週間、留守中はずーっと

パラボラアンテナちゃん。


動きにくくて、トイレに行けなくて


1,2日は帰宅するとベッドの上でしっこまみれになっていたことも。



e0229436_17582864.jpg





そばにいれる時はなるべくエリカラを外して


抱っこしたり一緒に眠ったりするようにしました。


人間だって、怪我や病気をしたら心細くなるもんね。


人の温もりで安心感を得られる子だから


しっこ臭かろうが何だろうが


甘えんぼなソーちゃんが好きなだけ甘えられるように

一緒にいられる時はなるべく一緒にいた1週間。




e0229436_1815917.jpg




そうして徐々に、食欲も取り戻してトイレも不自由なく使って


相変わらず寝てばっかですが、だいぶ回復してきました。


来週、抜糸予定です。




e0229436_183065.jpg




それと、ちょぴちゃん(ソフィの幼児呼び)


お耳が聞こえることがわかりました。


と言うのも、最近呼びかけに反応するようになったのです。


名前を呼ぶと振り向いたり、

大きい音に驚いたりするようになりました。



e0229436_185534.jpg




医学的な異常は何も見つからなかったので


おそらく、今まで音に反応しなかった原因は


とことん無視していた



だけだったようです_| ̄|○



e0229436_188833.jpg




ちょぴちゃん、緊張や恐怖が表に出ないタイプ。



知らない場所に連れてこられて(預かり家庭移動)


やっぱりそれなりに緊張していて


呼びかけにとことこん反応しなかったのも


不安を押し殺していたことが原因なんじゃないか―

という結論に達しました。




e0229436_18115983.jpg




存在していることを気付かれないように―



リアクションをしないことで



「生きていることを隠している」ように振る舞っていたんじゃないか。



知らない場所・知らない人・知らない猫、が怖くて


それが自分に向ってくることが怖くて


必要以上に大人しくしていたんじゃないかと。



e0229436_1815542.jpg




音に反応するようになったのは

やっと我が家に慣れてきた証、だと考えます。


ソーニャんの耳を巡るあれこれは

そんなカタチで決着がつきました。



e0229436_18162858.jpg




来週、抜糸をして

動きに不自由がなくなったら
(もともとあまり動かない&アンバランスですが)


新しい募集要項を引っ提げて

今度こそ本腰入れて家族探しをしたいと思います。



e0229436_18182740.jpg




大丈夫。

ちょぴちゃんの傷は回復する傷。

大丈夫。





大丈夫じゃなかもしれない―のは


実はこっち↓



e0229436_18195739.jpg




今週、実はモチモチくんの方が

えらいこっちゃーになってしまいまして・・・


トラブル続きの吉猫家です・・・



↓白い方もトラブってます。。



e0229436_1822346.jpg




何事もなくつつがなく、平穏無事なのは

最長老だけ、というのが流石です。



e0229436_18225512.jpg






はくちゃんのトラブルは次週公開予定。


カミングスーン!(泣)
[PR]
Commented by ななし市在住 at 2013-02-25 08:28 x
ソーニャさん、退院おめでとうございます。大変でしたね。
Commented by nrkmimiko at 2013-02-26 21:46
>ななし市在住さん

ありがとうございます。
日帰りなので入院はしてないんですけどね^^;
Commented by ななし市在住 at 2013-03-10 20:49 x
ソーニャさん、抜糸は終わりましたか?
元気に寝てますか?
by nrkmimiko | 2013-02-24 18:28 | 茶トラーず&ソーニャ | Comments(3)