犬の十戒・猫の十戒

私の一生は10〜15年くらいしかありません。
ほんのわずかな時間でもあなたと離れていることは辛いのです。
私のことを飼う前にどうかそのことを考えて下さい。

私が「あなたが私に望んでいること」を理解できるようになるまで時間が必要です。

私を信頼して下さい…。それだけで私は幸せなのです。

私を長時間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないで下さい。
あなたには仕事や楽しみがありますし、友達だっているでしょう。
でも…私にはあなただけしかいないのです。

時には私に話しかけて下さい。
たとえあなたの言葉そのものはわからなくても、
私に話しかけているあなたの声で 理解しています。

あなたが私のことをどんな風に扱っているのか気づいてください。
私はそのことを決して忘れません。

私を叩く前に思い出して下さい。
私にはあなたの手の骨を簡単に噛み砕くことができる歯があるけれど、
私はあなたを噛まないようにしていることを。

言うことをきかない、頑固だ、怠け者だと叱る前に
私がそうなる原因が何かないかとあなた自身に問い掛けてみて下さい。
適切な食餌をあげなかったのでは?
日中太陽が 照りつけている外に長時間放置していたのかも?
心臓が年をとるにつれて弱ってはいないだろうか?

私が年をとってもどうか世話をして下さい。
あなたも同じように年をとるのです。

最期の旅立ちの時には、そばにいて私を見送って下さい。
「見ているのが辛いから」とか
「私の居ないところで逝かせてあげて」なんて 言わないで欲しいのです 。

あなたが側にいてくれるだけで、 私にはどんなことでも安らかに受け入れられます。
そして……どうか忘れないで下さい。

私があなたを愛していることを。



e0229436_21511747.jpg




作者不詳の、有名な『犬の十戒』


パーやんを思い出して、ダメですね。。
亡くなって1年以上過ぎましたが
健気な黒い瞳が忘れられません。


犬を飼ったことのある人なら
誰でも胸が詰まる、
飼い主への戒めを犬の目線から説いた十戒ですが


最近初めて『猫の十戒』を読んで、驚きました。

犬verとはまったく違った内容だったことに。



と、言うことで。


2012年に卒業していった子たちを振り返りながら


猫の十戒をどうぞお楽しみください。






【汝、人間がモデムを使っているときは、キーボードに飛び乗ることなかれ】

【汝、モデムの後にある電話線を抜くことなかれ】


e0229436_2253384.jpg


*ゆりね* 1月28日卒業


【汝、トイレットペーパーをロールから全部引っ張り出すことなかれ】

【汝、透明ではないのでテレビやモニターの前に座ることなかれ】


e0229436_2271326.jpg


*ハニュー→まはる* 2月18日卒業


【汝、冷蔵庫の上から勢いよく吐き戻すことなかれ】

【汝、ディナーパーティーのときにやってきて、尻を舐め始めることなかれ】

【汝、人間の顔の上に尻を向けて横たわることなかれ】



e0229436_22104994.jpg


*いちこ→タマ* 7月1日卒業


【汝、高いところから人間の股間に飛びかかることなかれ】

【汝、どんなに速く走ろうとも、閉まったドアを通り抜けることはできない】

【汝、目覚まし時計の上を歩いてタイマーをリセットすることなかれ】


e0229436_22132236.jpg


*ゆめこ→タブラ* 7月1日卒業


【汝、蝶番付きのフタが開くごみ箱に乗って、落っこちる罠にはまることなかれ】

【汝、人間が腰掛ようとした瞬間にトイレの便座に飛び乗ることなかれ】

【汝、午前4時に眠っている人間の膀胱の上にジャンプすることなかれ】


e0229436_2216327.jpg


*いるか→フォルテ* 9月2日卒業


【汝、家とは機会があれば逃げ出せる刑務所ではないことを悟るべし】


e0229436_22184947.jpg


*もとなり* 7月14日~ 家族募集中


【汝、人間の歩みがいかに遅くとも、つまずかせることなかれ】


e0229436_22245787.jpg


*はくほう* 9月8日~ 家族募集中


【汝、家にゲストがいるときはトイレのドアを押し開ける事なかれ】


e0229436_22271436.jpg


*ミミコ* (気持ちだけ)ダイエット中


【汝、汝は肉食動物であり、観葉植物は肉でないことを思い出すべし】


e0229436_22292547.jpg


*ソーニャ* 療養中


【汝、叱られたときには後悔してみせるべし】


e0229436_2229555.jpg



*パピー* 寿命更新中





猫を飼ったことがある人なら

納得の内容、な猫の十戒。

色々と付け足したくもなる笑



さて、ご挨拶が最後になりましたが

新年明けましたね。おめでとうございます。

あっという間に1年が過ぎ、
出逢った子たちに、ねこ親さまに

ちばわんメンバーに、応援してくれる支援者さまたちに、

感謝の気持ちを伝えたく思います。

お世話になりまして本当にありがとうございましたm(__)m


2013年も引き続き、
行き場のない猫たちの家族探しを
微力ながら続けていきたいと思います。


我が家はご縁組みが難しそうな子らばかりですが(汗)

どうか1匹でも多くの子が救われますよう―。



本年もよろしくお願いします。

吉猫家
[PR]
Commented by みさきっち☆ at 2013-01-02 00:15 x
明けましておめでとうございます♪
今年もどうぞwよろしくお願い致します。

うちのナァちゃんも、もうすぐ18歳8ヶ月になります。
乳ガン&慢性腎不全ですが、頑張っておりますwww

元旦から、aikoの“カブトムシ”聴いて・・・『生涯~、忘れる~ことはないでしょうぉ~♪』ってワンフレーズで泣いた私。
うん、チィちゃんのことは生涯忘れないよ~って。。。
パーちゃんもMimikoちゃんの中で、きっとそうだよね~♪
忘れるハズないのだよね。

今年は、もっちゃんwはくちゃんwソーニャちゃんに素敵な里親さんが見付かりますようにwww
ではでは~♪
Commented by ぷちこのママ at 2013-01-08 21:33 x
明るいブログいつも楽しみに拝見しています。

家には保健所から引き取られて、里親募集から家に来てくれた、キジトラの女の子がいます。

里親探しは大変でしょうが、吉猫屋さんの明るさで、頑張ってくださいね♪

東北の地から応援しています。
Commented by ぷちこのママ at 2013-01-08 21:33 x
明るいブログいつも楽しみに拝見しています。

家には保健所から引き取られて、里親募集から家に来てくれた、キジトラの女の子がいます。

里親探しは大変でしょうが、吉猫屋さんの明るさで、頑張ってくださいね♪

東北の地から応援しています。
Commented by nrkmimiko at 2013-01-13 21:17
>みさきっちさん

またまたレス遅れました~(汗)
あけおめです^^ことよろです!

ナァちゃん、乳がんもあったんですね…
うちのピーさまは年明けの血液検査で
数値がぐっと悪くなっていて
補液のほかに投薬も開始になりました。
でも飲んだふりしてあとで吐き出したりする
困ったテクニックをお持ちなので
投薬は点滴以上に大変だったりします・・・
一緒に春を迎えられるように願ってやみません。

ソーニャはともかく、
茶トラーずはどっちかが今年中に決まれば・・・
と非常に長い目で見ています(笑)
今年はねこ親会にもできる限り参加したいと思っているので
また是非旦那さまと遊びに来てください♪
Commented by nrkmimiko at 2013-01-13 21:22
>ぷちこのママさん

訪問&コメントありがとうございます^^
保護猫の里親さんなんですね。
ひとりでも多くの方が、ペットショップからではなく
行き場のない子の中から
家族に迎えてくれれば―といつも思っています。

我が家はなかなか決まらなそうな面々ですが(汗)
頑張ってブログ更新します!
のでまた遊びにきてください^^

Commented by 晃ママ at 2015-02-15 01:38 x
初めてコロコロと転がる毛玉の様な犬と一緒に暮らすことになり 彼女のしっぽが特徴的でくるんと曲がっていて毛糸の玉に毛糸のボンボリをつけているような姿で私は15年その子のボンボリを指に絡めて寝ていました。しかし別れが・・・
最後の時は彼女のお別れの挨拶でした。痙攣して意識もないのに私の腕のなかで力強く大きな声で吼えたのです・・・
私はあれ? と 不思議な違和感がありました。
その後再び意識がなく、ずっと私の腕の中で1時間ほどたって再びの痙攣。私の出来ること(彼女をさすって 声をかけました。)しかし 彼女は、その後息を引き取りました。
彼女の死に顔が苦痛からときはなたれて 若いころ 私に笑いかけているような穏やかな表情になったのです。
最後に私に もぉ 泣かないでと言っているようでけれど 今でも彼女を失ったことを思い出し 泣いています。
私が泣くと 天国の彼女がいるところに雨が降るそうですが・・・私はやはり悲しいくて 泣いてしまいます。
また 彼女に逢いたい。。。
Commented by nrkmimiko at 2015-02-24 19:51
>晃ママさま

お返事が遅くなって申し訳ありませんm(__)m
愛犬を亡くされたことがあるんですね。
お気持ち、痛いほどわかります。
でも、ご家族に看取ってもらって穏やかな最後だったんではないでしょうか。

我が家の子はみんな旅立ってしまいましたが
いつまでも私の胸の中で生き続けています。
私が生きている限り、その子たちは一緒に生き続けるんだと思います。
彼女はきっと、あなたのひかれ星。
いつか再びきっと巡り合えますように。
by nrkmimiko | 2013-01-01 23:07 | Comments(7)